SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

下手なゴルファーほどバンカーに入れるものです!【タケ小山のゴルフ超上達ノート】

Text:タケ小山

バンカーショットは簡単ではありません。調子良く回っていたのに、バンカーで大叩きしてボロボロになるようなことってありますよね。そこまで悲惨ではなくても、バンカーに入ったらスコアを崩すと思っているアマチュアは多いのでは ないかと思います。「あ~あ、バンカーか…」という嘆きがあちこちで聞かれる のがゴルフコースの日常であります。これがちょっと上手くなると欲が出てきて、寄らないとガッカリしたりするわけですが、ここでみなさんに問いたい。バンカーからピンに寄せようなんて大それたことを考えていませんか?

もしバンカーから寄せワンをしようと考えているとしたら、それはゴルフをわかっていない人です。なぜかというと、バンカーはもともとはハザードだったからです。「打てるハザード」だということを忘れてはいけません。池と違うのはノーペナルティで打てるということで、むしろラッキーなんです。ですから「出れば十分」と思わなければダメなんですよ。そもそもバンカーショットは練習する機会がないので、上手く打てなくて当然 なんです。コースではいつもぶっつけ本番の状態ですから、ピッタリ寄るほうが むしろおかしいぐらいなんです。だから「出れば十分、寄ればラッキー」ぐらい に思っておくと、その後のプレーに影響がないんですよ。そしてもう つ大事なのは、バンカーに入れないことです。上手な女性は上手くバンカーを避けてプレーしていますよ。絶対に無理をせず花道に打ってきますけど、あれを見習ってください。それに比べてみなさんはどうでしょう。何も考えずにピンを狙ってバンカーに落として、上手くいかずにガッカリしていたりしませんか? バンカーが苦手ならバンカーに入らないようにマネジメントするべきなんです。

距離的にピンまで届くとしても、バンカーに入る確率が高い場合は、グリーン手前に止めて得意な距離のアプローチを残すようにすることが大事です。バンカーショットの打ち方に関してですが、基本はフェースを開くことです。フェースを開くとバンスが効いてきますから、砂に潜りにくくなります。その状態で手前をダフらせればバンス効果でヘッドが潜らず戻ってきます。ヘッドが途中で止まってしまわないよう、しっかり振り抜けばバンカーからは脱出できます。ここで大切なのはフェースを開くということです。フェースをスクェアにすると刃が砂に刺さってしまい抜けなくなってしまいます。ですから距離がある場合は、サンドウェッジをスクェアにセットしてロフトを立てるのではなく、ピッチングウェッジや9番アイアンでフェースを開いて打ちます。フェースを開いてバンスを効かせることを忘れないでください。日本はバンカーショットを練習する環境が少ないので、練習場でできるドリルを紹介します。一番短いゴムティにボールを乗せて、ボールの下のマットを打ちながらボールを飛ばしてください。これでバンカーショットの練習になります。

【書誌情報】
『タケ小山のゴルフ超上達ノート 誰も言わない実戦的スコアアップ術』
著者:タケ小山

ゴルフスイングの習得に熱心になるあまり、スコアが二の次になっているアマチュア・ゴルファーが多い昨今。「残念ですが、こういう“スイング道”信者はスコアは作れない」と著者は言う。では、肝心のスコアメークの方法は? 本書では、ショット、アプローチ、パッティング、マネジメント、スコアアップの5項目でその方法を解説。2019年の新ゴルフルールの活用法など、具体例を上げて、わかりやすく紹介している。タケ小山流スコアの作り方が満載の1冊!