SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

親が知っておきたい!子どもにとってたんぱく質が超大事な理由とは?【たんぱく質の話】

Text:藤田聡

自律神経を整えて心身の成長を支える

成長期の子どもにとっても、たんぱく質は非常に重要な栄養素です。筋肉や骨の成長に欠かせないのはいうまでもなく、子どもの心の成長にも、たんぱく質が密接に関わっています。

たんぱく質に含まれる必須アミノ酸には、精神を安定させる「セロトニン」や、やる気を引き出す「ドーパミン」といった脳内神経伝達物質の分泌を促す働きがあります。これらの物質がきちんと分泌されることで自律神経のバランスが整い、心身の調子や睡眠リズムの安定へとつながるのです。

たんぱく質の働きを高めるには、朝食でしっかりとたんぱく質を摂取することが大切。筋肉の合成が促され、エネルギー代謝が高まり、心身ともに活発に1日を過ごすことができます。

逆に、朝食を抜くことは、子どもの成長にとって大きなダメージに。脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖が供給されないため、記憶力や集中力を発揮することができなくなり、勉強の効率も悪くなります。さらに、朝食を摂らない子どもは、炭水化物を摂り過ぎる傾向にあり、肥満になりやすいこともわかっています。

子どもに必要なたんぱく質の摂取量は年齢によって大きく異なります。大人のように体重1㎏あたりの摂取量ではなく、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に示される年齢区分ごとの推奨量を目安にしましょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 たんぱく質の話』
著:藤田聡

シリーズ累計発行部数130万部突破! ダイエット・健康で超大切な『たんぱく質』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!昨今ダイエット業界でも注目を集める『たんぱく質』。せっかく痩せてもリバウンドしてしまう原因は、筋力の低下によるものが多く、その筋力を向上、維持するために欠かせないのがたんぱく質になります。「どんなものに入ってるの?」「リバウンドしないために1日に必要な量は?」「動物性と植物性の効果の違いはある?」など、たんぱく質の疑問を全て解決します。ダイエットのため、家族の健康のため、ぜひ読んで頂きたい一冊です。