SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スイングがグンとやさしくなるアドレスとは!?

Text:和田泰朗

肩と腕とクラブで四角形を作る

スイングは回転運動なしで考えられませんから、いかにシンプルに振るかは、回転運動以外の部分をどうするか?ということにかかってきます。その視点から見て、物理的に大きな役割を果たすのが二点吊り子運動。振り子運動から二点吊り子運動に転換すると、スイングがグンとやさしくなります。その二点吊り子の基本概念になるのが前頁でお話しした四角形です。

アドレスではまず、両手の間隔を空けてクラブを持ち(左手は甲、右手は手のひら側を正面に向ける)、真っすぐ立って、クラブを持った両腕を体の前に垂らします。このとき肩と腕とクラブでできる形は紛れもなく四角形。二点によってクラブが吊られている状態(二点吊り子)です。

グリップについては特に考える必要はありません。この態勢でストロングやウィークに持つ方はいないでしょう。握る強さはクラブの重さを感じられる程度にしましょう。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。