SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

スイング時にバランス良く立つ為には!?

Text:和田泰朗

後方から見たときの前傾角とヒザの屈曲角をイコールにする

キープレフトでスイングする前提でバランスよく立とうとすると、誰もが重心を落とします。どうやって重心を落とすかといえば右ヒザを曲げる。これでアドレスが安定するわけですが、同時に腕と肩とクラブでできる平行四辺形を保つこともできます。

右手を左手に近づけているので台形ですが理論上は平行四辺形。せっかく右ヒザを曲げてバランスをとっても、バックスイングで右ヒザが伸びるとリバースピボットという症状が発生して、平行四辺形が崩れてしまいます。これではチルトして平行四辺形を保ち、体とクラブの関係をヨコにしたことが台無しになる。それゆえスイング中の右ヒザはとても重要です。

結論からいうと、もっともバランスがとれる右ヒザの屈曲角度は、後方から見た上体の前傾角と内角がイコールになったところです。

スイングは前傾を要する動作で、はじめから終わりまでバランスを保たなければなりません。前傾したときの重心位置は、していないときの重心位置より前に出ます。これだと前に倒れるので相対的にお尻が後ろに出る。これはバランスがとれていない状態です。

バランスをとるには直立しているときの重心位置を変えずに前傾をとりたい。その位置が前傾角とヒザの屈曲角がイコールになったところなのです。この角度は身長や胴体と足の長さの比率、体に対する頭の大きさ、ライなどの外的要素によっても変わりますが、内角がイコールであることは変わりません。スマホなどで後方からのアドレスを撮影し、分度器を当ててみる とよくわかる。バランスがとれていると誰もがそうなっています。

【書誌情報】
『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』
著者:和田泰朗

「キープレフト理論」とは、クラブを体の左サイドにキープして振るということ。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージだ。ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。対して、キープレフト理論はスイングを「吊り子運動」を考えている。この動きは寺の鐘を棒でつくイメージだ。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーにぜひすすめたい。本書では、キープレフト理論を写真を多用して徹底的にわかりやすく解説する。なお、この理論の考案者・和田泰朗プロは、会員数3万8000人の世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて 2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。