SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ココロと腸はつながっている!?【自律神経の話】

Text:小林弘幸

良質な血液は腸内環境で決まる

人は緊張したときにお腹が痛くなったり、ストレスが続くと便秘や下痢になったりします。これは腸と心、つまり自律神経が相互に作用している証拠です。腸には消化と排泄の働き以外にも重要な役割があります。その一つが血液をつくり出す源であること。そして自律神経の安定のためには、良質な血液によるスムーズな血流が不可欠です。

では、血液の質は腸の中でどのように決まるのでしょうか。腸内には無数の細菌がいて、その内訳は善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残り7割はどちらにもなる菌(日和見菌)です。この日和見菌が食生活の乱れなどで悪玉菌に傾くと血液の質は悪くなり、善玉菌に傾くとよくなります。

腸内環境が整っていると、血液はサラサラで血流がよくなり自然と自律神経も安定します。逆に腸内環境が乱れると、血液はドロドロになり血流も悪化。便秘や肌荒れなどの不調から精神的にもイライラし、自律神経のバランスも崩れていくのです。

また、腸内環境の悪化からくる便秘も曲者。便秘になると人の幸福感を左右するセロトニンがつくられなくなるからです。このセロトニン、脳内での分泌量はわずか数%であり、約95%は腸壁でつくられています。

便秘は慢性の腸壁炎症なので、当然セロトニンをつくる働きも低下し、分泌量は激減。そうなると気力が低下し、慢性疲労やうつ症状など心の病を招くことに繋がるのです。

 

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話』
著:小林弘幸

シリーズ累計発行部数130万部突破!心身ともに健康であるために最も重要な『自律神経』をテーマに、健康・実用ジャンルで制作する図解シリーズ最新作!メンタルとも深い関わりがあり、乱れていると身体の不調を感じる人も多く、これまでも注目を浴びてきた自律神経。人間の生命活動における働きの中で重要な“自律神経”とは、そもそもどういうものなのか、また、“乱れてしまう”と出てくる症状の話や、即効性もある超カンタンな整え方、さらに最近多い『ネットで自分の症状を調べると不安になる』という悩みの対処法まで、初心者にもわかりやすく、専門医が全て解説します。原因不明の頭痛、肩こり、腰痛、不眠、過呼吸、めまい、動悸、息切れ、吐き気、慢性的な倦怠感など、病院で検査しても血液検査は正常だし、原因がよくわからない…という不安を抱える人の症状の改善にも貢献できる一冊です。