SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

本当に自信がつくのは「500試合くらい投げたら」。千葉ロッテマリーンズ頼れるセットアッパー東條大樹!【ラブすぽ独占インタビュー】

頼りになる男が、帰ってきた――。プロ7年目のサイド右腕・東條大樹は今季、セットアッパーとしてキャリアハイの成績を残している。前半戦だけで44試合に登板し、防御率1.69。オールスターにも初選出されたが、新型コロナウイルスの陽性判定を受けて出場辞退。7月23日の登板を最後にチームを離れ、復帰は約1か月後の8月27日。それでも、復帰後は離脱前と変わらぬ安定感で再びホールドを量産している。シーズン最終局面、その先のCSへ向け、“頼れる男”に今季ここまでを振り返ってもらった。

マウンドには“守り過ぎない”
ことを意識して上がっています

――7月下旬から約1カ月の離脱。シーズン中にそれだけブランクが空くと、コンディション調整も大変だと思うのですが、現在の調子は?

東條 状態はかなり戻ってきました。とはいえ、当初はキャンプ前くらいの状態に戻ってしまった感覚があって、そこからコンディションを上げるのは苦労しました。

――とはいえ、1カ月の空白期間がありながらも今季はキャリアハイの数字を残しています。

東條 ストレートが良くなったのが大きな要因だと感じています。去年のシーズンが終わってから体幹トレーニングを重点的にやって、それがストレートの強さにつながっているんだと思います。

――東條投手のストレートは、左打者のアウトコース、右打者のインコースにシュートしながら浮き上がる独特の軌道が特徴だと思うのですが、そこも意識している?

東條 いや、理想を言うときれいなバックスピンのストレートが投げたいです(笑)。ただ、投球フォーム的にもシュート成分が多く出るので、「勝手にシュートしている」というイメージですね。でも、それはそれでほかの投手とは違うストレートなので、自分の武器にはなっていると思います。

――今季はリリーフとしてかなり緊迫した場面での登板も増えています。マウンドに上がるときはどういうメンタルで投げているんでしょう。

東條 あまり守りに入り過ぎないようにしています。強気から一歩引きながら、でも守り過ぎないくらいのイメージです。

――たとえば9月12日の日本ハム戦では、ノーアウト満塁で登板して最初の打者をダブルプレー、次打者を内野ゴロという最高の結果でチームを勝利に導きました。ああいう場面では「打ち取り方」までイメージして投げるんですか?

東條 あのときは、「全部三振」を狙っていました。それが結果的に内野ゴロになっただけです(笑)。

――「全部三振」も最高の結果ではありますもんね(笑)。今季は奪三振率も上がっていますが、意識はしていますか?

東條 得点圏にランナーがいるときは狙うこともありますが、それ以外はそこまで意識しないですね。

500試合くらい投げれば
“本当の自信”がつくかもしれないです(笑)

――昨季は東條投手にとっても悔しいシーズンだったと思うのですが、それが今季に生きている部分はありますか?

東條 昨季は本当になにもできなかったので、オフから今季にかける意気込みは、例年と比べても倍くらいあったと思います。

――“危機感”も当然あったと思うのですが、そういうネガティブな思いと、「来年はやってやる」というポジティブな思い、どちらが強かったですか?

東條 ネガティブ6、ポジティブ4くらいですかね(笑)。

――そんな中で迎えた今季はしっかりと結果も残して、ここまでの数字はプロ野球選手としての自信にもつながっている?

東條 「多少」の自信はつきました。

――「多少」ですか?

東條 はい、「多少」です。まだ1年間しかやれていないですから。

――「本当の自信」がつくのは、どんな時になりそうですか?

東條 そうですね……500試合くらい投げたらつくんじゃないですかね?まだまだひよっこです(笑)。

――それは、これからも投げ続けなければいけませんね!ここで少し、数字の話をさせてください。今季の対戦打率を見ると、対左打者のほうが対右打者よりも相性が良い。それは自覚されていますか?

東條 左の方が打たれていないな、という感覚はあります。

――一般的には右のサイドスローは「左打者が苦手」というイメージがあります。東條投手が左打者を抑えられる理由は?

東條 先ほど話した、左打者のアウトコースにホップしながらシュートするストレートが効果的なんだと思います。

――もともと、左には苦手意識はなかった?

東條 いえ、昔はすごく苦手でした。やはり、ストレートが良くなった今季から、特に対左打者への手ごたえは感じるようになりましたね。

――シーズンも残りあとわずかですが、最後に残り試合への意気込みを聞かせてください。

東條 最後はもう、全部勝つつもりでやっていきたいです。その中で、自分も良い場面で投げさせてもらえることがあれば全部抑えるつもりでいくので、最後まで応援よろしくお願いします!

取材:2022年9月15日
インタビュー及び記事執筆:花田雪
協力:千葉ロッテマリーンズ

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内