LOVE SPORTS

よく眠る赤ちゃんほどぐずらず情緒が安定している理由とは?【賢い子は1歳までの眠りで決まる】

よく眠る赤ちゃんほどぐずらず情緒が安定します

賢い子が育つポイント
●赤ちゃんは大人と同じで、よく眠れると情緒が安定します
●赤ちゃんのときに十分な睡眠を得られると、他人にやさしく感情をコントロールできるように育ちます

赤ちゃんの睡眠環境を整え、よく眠れるようにしてあげたほうがよい理由は、ほかにもあります。よく眠った赤ちゃんほど、わけもわからずぐずったり、泣き叫んだりして、親やまわりの人をパニックに陥らせることが少ないからです。そもそも赤ちゃんはどうして眠いとぐずったり泣くのでしょう。 まずはわたしたち大人のことを考えてみましょう。

ほとんどの大人は寝不足だとどうなるかを理解しています。イライラして怒りっぽくなったり、気が短くなったり、興奮しやすくなったり、ちょっとしたことで感情がたかぶったり、はたまた涙があふれたりします。また、眠気が高まるにつれて、疲れすぎて眠れないという矛盾した状態になり、なかなか心を静められなくなることもあります。

そうです、赤ちゃんも大人と同じなのです。赤ちゃんは疲れるとすぐ泣くようになり、神経がたかぶってあやしてもどうにもならず、扱いにくくなります。大人とまったく同じ状態になっているからです。これまでわたしは、慢性的に疲れている赤ちゃんが、気質的に「イライラしやすい」「手がかかる」「依存心が強い」「気難しい」と誤解されている例をいくつも見てきました。よく眠った状態の自分の赤ちゃんを目にし、比べないかぎり、親は気づきません。自分たちの赤ちゃんも、もう少し眠らせて十分な睡眠をとらせてあげるだけで、ぐずることがなくなり、今よりもっと愛らしく、よくはしゃぎ、一緒にいるのが楽しくなるというのに。

感情をうまくコントロールできるということは、ほかの人の気持ちがよくわかり、自分の行動がどのような結果を引き起こすか理解できて、自分で自分を落ち着かせられるようになる力を身につけることにほかなりません。子どもは大きくなると自由に動きまわるようになります。よって赤ちゃんのころから睡眠不足だった子どもに、ルールを守らせるよう教えるのは、ずっと大変なことでしょう。

落ち着きがなかったり、すぐ感情的になる子どもは、決して生まれつき悪い子ではないのですが、ずっと睡眠がたりず、疲れがたまっている状態にあるので、感情をコントロールしたり、ものごとに集中できない場合が多いのです。赤ちゃんのうちからよく眠るようにしてあげるだけで賢いだけでなく、情緒の安定した子どもになります。

出典:『賢い子は1歳までの眠りで決まる』

【書誌情報】
『賢い子は1歳までの眠りで決まる』
ポリー・ムーア 著

睡眠を専門とするプロフェッショナルが考案、自分の子どもで実践し、さらに全米で実績を積んできた「NAPSメソッド」。これによって、子どもに良質な睡眠を与え、夜泣きを改善し、乳児期に学習能力を飛躍的に発達させることができます。メソッドの方法は非常に簡単で、子どもの睡眠を記録するだけというもの。生涯にわたって重要となる集中力、情緒の安定、コミュニケーション能力ものばす、本当に優秀な子を育てる育児書。子どもの睡眠障害を防ぐこともできます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内