LOVE SPORTS

年収2000万円も夢じゃない「弁理士」の仕事内容と給料とは?【職業と給料の話】

Text:高田晃一

聞いたことあるけどどんな仕事なのか?

特許や実用新案、意匠、商標など、知的財産に関するスペシャリストが弁理士です。画期的な商品を発明して、特許をとろうとしたとき、その事務手続きは非常に複雑です。知的財産に関する権利を取得するためには、専門的な知識が必要となります。そんなときに発明者をサポートするのが弁理士の役割なのです。

弁理士になるための国会試験は3次まで行われます。試験に合格した人は、経済産業大臣から指定を受けた機関で実務研修を受けます。それが終了すれば弁理士として登録できます。

弁理士を目指すのであれば、専門的な科学や工業の技術も扱うことになるので、理工系知識も持っていたほうがいいでしょう。海外進出する日本の企業も多く、海外で特許を取ることもあるので、語学力も必要です。

試験は受験資格がないので、誰でも受けられますが、合格率1割以下とかなりの難関です。合格者は特許事務所やメーカーで働いている社会人が大半。そういった人たちは働きながら弁理士を目指しているのです。無事に資格を取得した人の就職先としては、特許事務所やメーカーの知的財産部門があります。前述のように特許事務所やメーカーで働きながら弁理士を目指す人もたくさんいます。

弁理士の収入は、平均年収は700万円と高めです。メーカーなどの民間企業に務めた場合はそれより下がりますが、業績が好調な企業に就職した場合は、数年の経験で年収1000万円に達することもあります。一番稼げる形態は独立開業と言われていて、なんと年収2000万を超えることもあると言います。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 職業と給料の話』

【書誌情報】
『図解 職業と給料の話』
著者:高田晃一

「あの人はどれくらい稼いでいるの?」「不況でも安定して働ける職業は?」「稼げる職業とは?」国家公務員、警察官、YouTuber、インスタグラマー、新聞記者、Webデザイナー、弁護士、介護福祉士、歯科医師、美容師、料理人、プロスポーツ選手ーーさまざまな職業のリアルと給料を知ることで、あなたのキャリアと将来が見えてくる!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内