SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

食事制限を行うことでおこるデメリットとは【新ダイエットごはん】

ダイエット前よりも悲惨な体形に

痩せるには食べないことが一番効果的だと思っていませんか。間食や甘いものを控えるのはダイエットに有効な手段ですが、とにかく食べる量を減らせばよいという考え方は危険です。確かに極端な食事制限を行えば短期間で大幅に体重を減らすことができますが、不健康なだけでなくリバウンドしやすいというデメリットもあります。

 食事制限を行うことで脂肪が減りますが、それと同時に体に必要な筋肉まで減ってしまいます。筋肉が減った状態でリバウンドをしてしまうと、筋肉の量は変わらないまま脂肪ばかりが増えてしまい、結果として体重が変わっていなくても、ダイエット前より脂肪が多い状態になってしまいます。ダイエットを成功させるには、筋肉量を減らさずに脂肪を減らすことがポイントとなるのです。

また、同じ身長なのに見た目が違う人がいるのも筋肉と脂肪の割合が異なるから。脂肪は筋肉よりも体積が大きいので、同じ体重でも脂肪が多い人のほうがぼんやりとしたスタイルに見えてしまうのです。昔と体重が大きく変わっていないのになんとなく体形が崩れてきたという人も要注意。気がつかないうちに筋肉の量が減っている可能性があります。

出典:新ダイエットごはん

【書誌情報】
『新ダイエットごはん』
上西一弘 著

糖質制限ダイエットが流行する中、筋肉を作る重要な栄養素として注目を集め始めている、『たんぱく質』を使ったレシピを紹介!
1日に必要と言われている分量を効率よくしっかり摂れて、お腹にも大満足のおいしい料理を紹介します。
また、動物性たんぱく質、植物性たんぱく質それぞれのオススメ配分なども考慮した、献立例なども紹介。
たんぱく質を食事の中にどう取り入れていくかよくわからない人でも、これ一冊でリバウンドしないダイエットが可能になります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内