SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

血管や内臓、骨や皮膚、髪ができるダイエットにも重要な栄養素とは?【新ダイエットごはん】

筋肉だけじゃない! 体に不可欠なたんぱく質

たんぱく質といえば筋肉をつくる原料となるもの。実はそれだけでなく、たんぱく質は体のあらゆる組織をつくるのに欠かせない栄養素なのです。

血管や内臓、骨や皮膚、髪に至るまで、体の大部分がたんぱく質でできています。その量は体重の約20~30%にも及び、人体のほぼすべての機能に関わっています。そのほかにも、体の働きを調整してくれるホルモンや食べたものを消化・吸収したり体の調子を整えたりしてくれる酵素の元にもなっています。

また、たんぱく質は体内で細菌などの侵入を防ぐ免疫機能にも関わっており、不足すると体調不良の原因に。たんぱく質は人が健康な体を維持するために必要な最重要栄養素ともいえるのです。

たんぱく質は食べ物として口から摂取されると、まず胃の中でペプシンという消化酵素によって分解されます。次に十二指腸でトリプシンによってさらに細かくされ、最後は小腸のペプチターゼでアミノ酸という物質に分解されます。このアミノ酸は小腸で吸収され、一度肝臓に送られてから全身の細胞に運ばれていきます。各細胞に届いたアミノ酸は新たなたんぱく質として再合成され、体内のさまざまな場所で使われます。

出典:新ダイエットごはん

【書誌情報】
『新ダイエットごはん』
上西一弘 著

糖質制限ダイエットが流行する中、筋肉を作る重要な栄養素として注目を集め始めている、『たんぱく質』を使ったレシピを紹介!
1日に必要と言われている分量を効率よくしっかり摂れて、お腹にも大満足のおいしい料理を紹介します。
また、動物性たんぱく質、植物性たんぱく質それぞれのオススメ配分なども考慮した、献立例なども紹介。
たんぱく質を食事の中にどう取り入れていくかよくわからない人でも、これ一冊でリバウンドしないダイエットが可能になります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内