SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

プロがアドレス前に地面を睨みつける理由とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

構えが完了するまでスパットから目を離さない

ゴルファーの中には、「スパットを見つけても、すぐに見失ってしまう」と言う人がいますが、これは絶対に避けたいです。せっかく見つけたスパット。

「何があっても見逃さないぞ」という気持ちでアドレスに入りたいです。現にツアープロたちは、アドレスに入る前、地面を睨みつけているでしょう? そのスパットがどれだけ大切かを知っているから、あの形相になるのです。

 そして、ボールの近くまで来たら、スパットからボールにスーっと目でラインを引き、そのラインに真っすぐ(両足ツマ先のラインがその線に対して平行になるように)構えます。これに関しては、家練で練習済みとしましょう。

 

そして、真っすぐに構え終わったら、スパットのことは忘れてください。「それで方向性は大丈夫?」と思うかもしれませんが、すでにアナタは正しい向きに構えているので、それ以上、方向性を意識することはないのです。

スパットを見つけたら、ボールに近づき、

スパットからボールに目でラインを引くまで

スパットから目を離さないように

構えに入るときに「私が打っていいですか?」とか

「松本いきます!」など気が散ってしまうと、

どんなにパッティングの練習を積んでも成果が出にくい

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。