SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

当たり負けの不安をなくすためにイメージすることとは!?【グリップを直すだけでゴルフが変わる/松吉信】

Text:松吉信

ゴルフボールは卵より軽い!?

「グリップをやわらかく握っていたら、ボールに当たり負けしてフェースがグラついてしまう」と思うアマチュアゴルファーが多い、と言いました。冷静に考えてみればすぐにわかることですが、ボールに当たり負けすることはあり得ません。

ゴルフは視覚に左右されるスポーツです。それでボールが鉛のように重たいものだと錯覚して「思い切り叩かなくては飛ばない」と思ってしまう傾向にあります。

しかし、ゴルフボールの重さは、実はたったの45.93グラム以下です。この重量は、卵(1個約67グラム)よりも軽いのです。実際に計ってみると実感が湧きやすいかもしれません。

そんな軽いボールを、しかも止まっている状態で、はるかに大きいヘッドで打って当たり負けすることがあるでしょうか。そのようなことは絶対にあり得ません。ところが人間の脳内の感覚器官というものは、聴覚や触覚よりも視覚から得る情報を優先するものです。白くて固いゴルフボールが重そうに見えてしまうのも仕方ない部分はあります。

  

ですから、どうしても打つ前に身体から力みが消えない場合は、ボールを打つときに「ゴルフボールは卵より軽いんだ!」ということを自分に言い聞かせてください。クラブをやわらかく握っても、遠心力を使って楽に打てばボールは飛ぶということを頭にイメージさせてアドレスに入るのです。そうやって力を入れないグリップでの成功体験を得ることで、身体に徐々に覚え込ませていきましょう。

【書誌情報】
『動画解説版 グリップを直すだけでゴルフが変わるから「もう一度練習してみよう」と思える:動画でわかる、見つかる自分のベストグリップ!』
著者:松吉 信

ゴルフは自分の手でボールを打つのではなく、クラブで打つスポーツ。手は自分の身体とクラブをつなぐ唯一の部位だが、大半のアマチュアゴルファーはクラブや身体の動きに気を取られ、手元の感覚を軽視しがちだ。 そのことでミスショットが増え、スコアアップができないでいる。つまり、自分にとって正しいグリップで握っていないから思うようなショットが打てないのだ。 正しいグリップでなければ、身体のに歪みが出て余計な力が入り、スイングは崩れ飛距離も出ない。クラブの握り方が悪いままでは、いくらスイングを直そうとしてもゴルフの上達は無理ということだ。ということはグリップがよければゴルフがうまくいく、と言っても過言ではない。 この本は、ゴルファー自身にとって最適なクラブの握り方を見つけるための考えや方法を一冊にまとめたもの。その方法や身に付けるための練習ドリルを、QRコード付動画を中心にわかりやすく紹介する。