SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飲むだけで痩せる!?内臓脂肪を減らすには緑茶が最強と言われる理由とは?【内臓脂肪の話】

Text:栗原毅

食前・食後に飲んで血糖値上昇を防ぐ

緑茶は内臓脂肪を減らしたい人にとって強い味方です。食事のときに飲むのはもちろん、お酒を飲む際の口直しにも緑茶を飲むとよいでしょう。緑茶の渋み成分であるカテキンはポリフェノールの一種。食後の血糖値の上昇を抑える働きがあり、中性脂肪の合成を防ぐのです。

また、β‐カロテンやビタミンCといった抗酸化ビタミンや、糖質の代謝をよくするビタミンB群も豊富に含まれています。この点からも脂肪の燃焼が促進されるうえ、コレステロール値の異常や高血圧の改善、活性酸素を減らすなどの効果も期待できます。

飲み方のポイントは、血糖値の上昇を防ぐため食前に飲むこと。さらに、食後に1杯飲むことで、渋みと苦みが満腹感を与え、食べ過ぎ防止にも役立ちます。茶葉はフードプロセッサーなどで粉末にし料理に使うのもおすすめです。あげ物の衣に混ぜたり、ふりかけにしたりすれば有効成分を余すところなく摂取できます。ペットボトルの緑茶でももちろんOKですが、冷たい物を飲み過ぎると腸の働きが鈍るので注意してください。

緑茶以外では番茶が内臓脂肪のもととなる中性脂肪を減らすために有効です。番茶に含まれる「ポリサッカライド」が糖質を効率よく処理し、排出に役立ちます。ただし、ポリサッカライドは熱に弱いので、水出しで飲むようにしましょう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 内臓脂肪の話』
著:栗原毅

シリーズ累計発行部数150万部突破!ダイエットでも健康でも超重要な『内臓脂肪』をテーマに、速攻で落とせる方法を医師が解説する図解シリーズ最新作! 新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、何かと家にいる時間が多くなっているため、運動不足や食事量の変化により、肥満になって健康状態が悪化してしまう人も多くいます。 そこで問題なるのが『内臓脂肪』。ゆるキャラみたいなかわいいぽっこりおなかになってきた……と悠長に考えている場合ではありません。 内臓脂肪の増加は見た目の変化だけでなく、放置すると健康状態に様々な悪影響が出てきます。 本書ではそんな内臓脂肪が増えてしまう理由から、速攻で落とす食事法まで、すぐに使える超実用的な情報を幅広く紹介します。 『内臓脂肪の前に脂肪肝が問題』『内臓脂肪を減らすには緑茶を飲むのが最短ルート』『お酒を飲みながら内臓脂肪を減らす方法』など、 今日から使える知識が満載です!痩せたい、健康になりたい、家族の健康が気になる、という方にはぜひ読んで頂きたい一冊です。