SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

軸がブレないスウィングを生む“いいアドレス”のつくり方とは!?【中村俊介の軸のブレないスウィングをつくる】

軸がブレないスウィングを生む“いいアドレス”のつくり方とは!?

〝いいスウィング〟では、手はハンドル、身体がアクセルの役割を果たします。クラブの軌道やフェースのコントロールを手や肩が担い、スピードを出すのは体幹や足を使って行う。手よりも身体を優位に使うことができれば、飛距離は伸び、スウィングの再現性も高まります。

手より身体を優位に使ったスウィングといっても、動きはシンプルです。軸を1本にして〝でんでん太鼓〟のようにクルリと回るのですが、股関節と体幹が使えていないと軸がブレる。それを修正しようとすると、どんどんスウィングが複雑な動きになってしまうのです。

したがって、軸がブレないスウィングを体得するには、スウィングの起点となる〝いいアドレス〟をつくることから始めましょう。

いいアドレスとは、骨盤が前傾し、股関節がしっかり入り、背中はまっすぐ伸びています。このアドレスなら、手をダラリと垂らした状態で組むと、身体の前にふところができます。ふところはクラブと手の通り道になるので、スウィング中は常に必要なものなのです。

また、手がダラリとしていることでもわかるように、いいアドレスでは手の力が抜けています。脱力を意識的にできるのは超一流の技ですが、身体の大きな筋肉を使うことを意識すれば、手に意識がいかないために、結果的に手の力は脱ける(=手が優位にならない)のです。

アドレスのつくり方を紹介します。

①背すじをまっすぐに伸ばして立ちます。背すじが反ったり丸くなったりしないようにしましょう。
②お辞儀をするように、上体を前に倒します。
③ヒザを少し曲げ、ダラリと垂らした手を組みます。

 

お尻はカカトより後方に出すように意識します。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.8』

【出演者情報】
●中村俊介
筑波大学大学院でスポーツ医学を学び、2006〜09年に片山晋呉プロの専属トレーナーを務める。その後は各種競技の代表選手のトレーニング、コンディショニングを指導。現在はJLPGA ツアーに帯同し、女子プロのコンディショニングを行う。東京・港区に2020 年7月にオープンした「LinkPerformance Studio」(http://link-inc.tokyo)ではヘッドトレーナーを担当

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!