SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

血圧が高くなってきたら生活習慣の改善が必要!「毎日30分」の有酸素運動で血圧は下げられる理由とは!?【ランニングの教科書】

Text:中野ジェームズ修一

有酸素運動には血圧を下げる効果あり

厚生労働省が実施した「平成29年(2017)患者調査」によると、高血圧性疾患の総患者数は約993万7000人と推計されています。血圧とは血液を押し出す際に動脈の内側にかかる圧力のことです。この圧力が高い状態が「高血圧」で、具体的には診察室で計測した上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、または下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上だと「高血圧」と診断されます。

血管には収縮性がありますが、血圧が高くなると血管の内壁が傷つきやすくなり、だんだんと厚くなって柔軟性が失われ、動脈硬化などを引き起こすリスクが高まります。

高血圧は、有酸素運動によって改善することが確かめられており、日本高血圧学会の『高血圧治療ガイドライン』でも、「毎日30分以上のややキツい有酸素運動」が推奨されています。ただし、運動をすることで一時的に血圧が上昇するため、すでに「高血圧」と診断されている方は、必ず主治医に相談してしっかりとアドバイスを受けてください。

また、合わせて減塩や節酒、禁煙など、他の生活習慣の改善にも取り組みましょう。

出典:『図解 中野ジェームズ修一のランニング教科書』

【書誌情報】
『図解 中野ジェームズ修一のランニング教科書』
著:中野ジェームズ修一

人気トレーナーによる最強の新しいランニングの入門書。多くのランナーが望み、目標とする「疲れないでラクに長く走れる」方法をはじめ、「健康のため、ダイエットのため」のランニング法など、目的別に効果的な走り方とポイントをわかりやすく図解で教える。ランニング未経験者でも気軽にはじめられるよう、シューズ選びから、正しいフォームやトレーニング法、距離を伸ばすための練習メニュー、ランニング前後のストレッチまで、ランナーが持つフィジカル面とメンタル面の悩み、疑問にすべて答える1冊。また、本書では目的別、体質別に、走るのにベストな時間帯などやその理由を解説し、最適な効果を得るための、とっておきの「タイミングランニング法」を教えます!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内