SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

圧倒的な飛距離を身に付ける為に必要な右前腕の動きとは!?【誰でもできるナイスショットの絶対法則/佐久間馨】

Text:佐久間馨

圧倒的な飛距離を身に付けるには、ここに右手の動きを付け加えることが必要です。

それにはどうするか?

コマを回すときの手の動きを思い浮かべてください。コマを回すときは、コマをリリースした後、すぐに手を引き戻すようにして止めますよね。だから、駒に加速度を与えることができるのです。ヘッドを加速させるには、コマを回すときと同様、手元を一瞬止めてやるような動きが必要なのです。

それをやるには、体温計を振る動きがヒントになります。体温計を振るとき、誰もが前腕を外から内にひねるようにして振ります。この前腕の動きを「回内」と言います。指先をもっとも効率よく加速させるには、この「回内」という動きがふさわしいことを本能的に知っているから、誰に教わらなくても、この動きをするのです。

さらに、より強く体温計を振ろうとしてみてください。誰かに教わらなくても、右ヒジを解放させて伸ばすでしょう。このように、インパクトに向かって右ヒジを伸び切らせるように使うと、クラブヘッドに加速がつきます。

プロのスウィング写真を見ると、インパクトの瞬間の右ヒジはやや曲がっています。

でも、クラブフェースが「くっついて」、球が「潰れて」「離れる」という2センチの世界を通過したあと、右ヒジは伸び切ります。伸び切るまでの間、クラブヘッドは加速し続け、最高速で球を打ち抜きます。女子プロも、みんなそうです。だから、女子プロは非力にもかかわらず、一般アマチュアより遠くに飛ばせるのです。

出典:『誰でもできるナイスショットの絶対法則』著/佐久間馨

【書誌情報】
『誰でもできるナイスショットの絶対法則』
著者:佐久間馨

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内