SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

腕とグリップのスクェアポジションは可動域で決まる【三觜喜一のキーワードレッスン】

Text:三觜喜一

腕のポジションをチェック

アドレスの腕のポジションに関して言うと、両ヒジが外旋していなければなりません。肩甲骨をしっかりと体幹にはめるためには、腕を回しますが、このとき両ヒジは外旋します。これが強く押せる腕のポジションであり、挙上といって肩甲骨が上がった状態では、モノを強く押すことはできません。肩は下がっていないと力を出せないのです。ここからはヒジの内旋と外旋の可動域によって個人差が出ますが、要は可動域の中間点でクラブ握ることが大事で、そこがその人にとってのベストポジションです。

チェック方法としては、ヒジを外旋してから胸の前でクラブを持ち、フェースを左右に回します。このとき左右の可動域が均等なら、正しいスクェアなポジションでクラブを持てているということですし、どちらかがよく動き、どちらかがあまり動かないという場合は、グリップに問題があります。

【書誌情報】
『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』
著者:三觜喜一

「ゴルフスイングの習得には、スイング中の4つの連続動作を行うことが重要」という、著者のスイング理論を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介。写真の他に、QRコードで連続動作がよくわかる動画が見られる! また、「うねりドリル」「かご練」など、スイング作りに不可欠な著者独自の練習ドリルも収録。ベストセラーとなった著者の前著『ゴルフは直線運動で上手くなる! 』を補完する、スイングメソッドを完全解説し、B5判という大きな紙面、300ページ近い本書は、ゴルフ初心者から経験者のスイングの見直しに必ず役立つ一冊だ。