SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アイアンの左方向へのミスの2つの理由と改善法とは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

いきなりボールが左に飛ぶなら体の突っ込みを疑おう

アイアンショットでとてつもなくボールをひっかけてしまうことがありますが、球が左に飛んでしまう理由は大きく分けて2つあります。

1つは単純にクラブフェースが閉じてしまうパターンで、もう1つは極端なインサイドアウト軌道です。

ですからまっすぐ左に飛んでいるのか、それとも最初は右に出て極端に曲がりながら左に飛んでいるのかを判断することが必要です。

いきなりボールが左に飛ぶ人は腰が引けて重心が右に残ることによって、左に飛ぶ状態を作ってしまっています。

こういう人は左足1本で体を支えて打つと腰の引けが収まり、出球をターゲットに飛ばすことができるようになります。

ふだん左股関節に乗る感覚はないはずですから、素振りで確かめてから打つと右の股関節に乗りながら打つミスを防げると思います。

一方、ボールが曲がりながら左に飛ぶ人は体が起き上がっています。

起き上がることによってクラブが下から入るので巻くボールになってしまうのです。

これを矯正するにはクラブを極端に短く持って素振りをすることが有効なので、シャフトの真ん中を持って芝をすってください。

この練習をすると腕の旋回がしっかり入るようになりますから、いわゆる煽り打ちにはならなくなります。

フェースターンを行ったほうが引っかからないことに気付けばかなり改善するはずなので、ぜひコースでやってみてください。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内