SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ディボット先端にあるボールの打ち方のポイントとは?【うねりスイング 実戦ラウンド編2/三觜喜一】

Text:三觜喜一

ボールは右に置き鋭角にヘッドを入れる

ディボット跡の先端にボールがくっ付いている場合、クラブヘッドが入るスペースは確保されているので手前にくっ付いている場合よりは対応がしやすいと言えます。

ただ平らな場所よりもボールが低いところにあるので鋭角にアタックしていかないとボールの下にクラブヘッドが届きません。

この状況で入射角を鋭角にしたいと思うのであれば、ボールの位置を右にします。

ただ5番アイアンや6番アイアンなど長い番手でボールを右に置くと球が上がらなくなるので、その場合は右に寄せないようにしたほうがベターです。

通常のアドレスからフェースをやや開いておき、特殊な状況だとさほど意識しないで「ハーフトップでもいい」という気持ちで打ちましょう。

ある意味、フェアウェイバンカーだと考えるといいかもしれません。しっかりと振り抜く意識があったほうがライが気にならなくなります。

ディボットのショットで一番怖いのは、ダフリたくないと思って体が突っ込んだときに手が止まって、手首などを故障することです。

ですからフェースを少し開いておいて、いつも通り振り抜くことが最善かもしれません。あくまでもクラブの回転でダウンブローに入るようにすると、さほど苦にせず打てると思います。

かといって3番ウッドや5番ウッドを使うと球が上がらず距離をロスしてしまうので、ユーティリティや9番ウッドなど、できるだけ球の上がりやすいクラブを使ったほうが距離を稼げると思います。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

【書誌情報】
『うねりスイング 実戦ラウンド編2 アイアンショット・バンカーショット40の最強ワザ』
著者:三觜喜一

ベストセラー『最強インパクト作る うねりスイング』のラウンド実戦本第2弾! ゴルフの肝はコースでのスコアメイク。正しいインパクトを身につけ、それがラウンドでどのように活かすか? 本書は、「うねりスイング」のコースでの実践方法を解説。アイアンショットとバンカーショットをテーマに、実際のラウンドで直面する状況を想定し、具体的な対処法を数多くのカラー写真を交えてわかりやすく紹介している。写真に加え、QRコード付き動画でも三觜喜一プロの最強ワザが見られる! B5判の大きな紙面、256ページの本書は、スコアメイクに必ず役立つ一冊だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内