賢い子は1歳までの眠りで決まる

  • HOME
  • 書籍
  • 赤ちゃんが一人で自然に眠ることができるように手助けをするNAPSメソッドとは?【賢い子は1歳までの眠りで決まる】

赤ちゃんが一人で自然に眠ることができるように手助けをするNAPSメソッドとは?【賢い子は1歳までの眠りで決まる】

NAPSメソッドを使えばひとりで眠れるようになります

賢い子が育つポイント
●NAPSメソッドをはじめる適齢は6か月〜8か月です
●NAPSメソッドを使えば、自然とひとりで眠れるようになります
●NAPSメソッドを使った子は穏やかで集中力があり、精神的にも成熟した人に成長していきます

ここでNAPSメソッドについて少しお話ししましょう。NAPSメソッドは、スムーズに眠りをうながすだけではありません。赤ちゃんがひとりで自然に眠ることができるようになる手助けもしてくれます。適切な月齢(通常6か月〜8か月)に達したら、NAPSメソッドを使ってみましょう。子どもが自分で眠れるようになるまで、来る日も来る日も泣きながら抵抗されたという苦労話を聞いたことがあるでしょう。

しかし、体内時計にしたがって90分周期で眠り、たっぷり休めている赤ちゃんは、たいてい、いいえまったくといってよいほど泣くこともなく、ひとりで自然に眠れるようになっています。よちよち歩きをするようになると、子どもも頑固になってなかなか布団に入りたがらないことは事実ですが、NAPSメソッドを使えば、寝かしつけるのに手をやかなくなります。

自分のリズムにあわせられる赤ちゃんは、自分が眠くなったことをちゃんと自覚できる子どもに育つからです。そして、疲れたら自分から眠たいと親やまわりの人にいうようになるでしょう。親にとっても、NAPSメソッドを使うとよいことがあります。もちろん赤ちゃんがよく眠るので親もよく眠れるようになりますが、赤ちゃんとの時間をもっと楽しめるようになるのです。というのも、よく休めている赤ちゃんは、穏やかで集中力があり、情緒が安定しているからです。親ならだれしもわけもわからず泣き叫ぶ赤ちゃんをなだめるときのイライラを経験しているはずで、まずはおもちゃを試し、効果がないとなれば食べものを与え、車に乗せてドライブするというようにあれこれ試したことがあることでしょう。

NAPSメソッドを使えば、手探りでやっていたことが減り、自信がつきます。時計をこまめにチェックして90分周期のタイミングを逃さないようにするだけで、赤ちゃんがいつ疲れて泣きだすかがわかるようになるのです。NAPSメソッドをとり入れるだけで、赤ちゃんはもっとよく眠るようになり、家族全員がその恩恵を受けることになるでしょう。

そして、よい睡眠が将来にわたって子どもにおよぼす影響は非常に大きく、集中力があって学業においても優秀で、精神的にも成熟した人に育てることができます。また、現代人のわたしたちの多くが悩まされている寝つきの悪さや、眠りの浅さとも無縁の、心も体も健康な人になることでしょう。NAPSメソッドに難しいことはありません。あなたの赤ちゃんの月齢にあわせて早速はじめてみましょう

出典:『賢い子は1歳までの眠りで決まる』

【書誌情報】
『賢い子は1歳までの眠りで決まる』
ポリー・ムーア 著

睡眠を専門とするプロフェッショナルが考案、自分の子どもで実践し、さらに全米で実績を積んできた「NAPSメソッド」。これによって、子どもに良質な睡眠を与え、夜泣きを改善し、乳児期に学習能力を飛躍的に発達させることができます。メソッドの方法は非常に簡単で、子どもの睡眠を記録するだけというもの。生涯にわたって重要となる集中力、情緒の安定、コミュニケーション能力ものばす、本当に優秀な子を育てる育児書。子どもの睡眠障害を防ぐこともできます。