LOVE SPORTS

おせち料理のなかでも特に至高の開運フード3種とは?【開運神社カレンダー】

おせち料理

お正月に食べるおせち料理は、最高の開運フード! 年神さまへのお供えであり、縁起のよい食べ物ばかりです。特に、数の子、黒豆、田た 作づくりの「祝い肴3種」(関西では数の子、黒豆、叩きゴボウ)は至高の開運フード! 余裕がある人は、ぜひイラストのように、5段のお重におせち料理を詰めてみてください。

買って来たもので大丈夫です。漆塗りのお重がない場合は、清潔な保存容器やお弁当箱を活用して詰めましょう。何より、料理に込められた意味を知れば、「これを食べて金運アップしたい♪」「これで恋愛運アップ!」と、イメージが膨らみ、料理を揃えるのも楽しくなると思います。   もちろん、手作りできれば効果大。年神さまも喜んで幸運を奮発してくれるかもしれませんよ。

「七草がゆ」は、1月7日の「朝」に食べるものです。正月疲れが出始める胃腸を整え、好調な仕事始めを迎える中国の風習からきています。春の七草である「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)」をおかゆにしていただきましょう。スーパーで手に入る七草セットで◎。

出典:12ヶ月の開運神社カレンダー

【書誌情報】
『12ヶ月の開運神社カレンダー』
白鳥詩子 著

ほかでは語られていない、 「開運速度がぐんとアップする」特別な神社参拝を伝える1冊。 神社を守る家系に生まれ、11歳で巫女デビューした著者が、 お参りするのに「最適な開運日」を月ごとにピックアップし、 その意味合いと、神様が耳を傾けてくれる願いの伝え方をご紹介します! 神様との「ご縁」が深くなり、神様に愛されながら、 どんどん願いを叶えていける素敵なサイクルが生まれます。 気になる参拝のお作法や、暦にそった開運フード、お願いごと別のおすすめ神社も掲載! 神社好きも、神社巡り初心者も楽しめます。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内