LOVE SPORTS

鳥居をそのままくぐるのはNG?神様が願いを叶えてあげたくなる鳥居のくぐりかたとは?【開運神社カレンダー】

鳥居は神域との結界。一礼をしてくぐる

鳥居は、神さまがいる神域と私たちが暮らす外界との結界の役目をしています。邪気や魔物が入って来ないように、バリアを張っているイメージです。

私たちは知らず知らずのうちに、邪気に覆われていたり、その邪気に吸い寄せられた悪いもの(魔物)を身にまとってしまっていたりすることがあります。鳥居をくぐることで、それらは浄化されるのです。もし、混んでいたとしても、鳥居の横から入ったりせずに、きちんと鳥居をくぐり、心身を浄化してからお参りしましょう。

あなたも、自分の家に来た人が、邪気まみれで、挨拶もせず、イライラ、セカセカしていたらイヤですよね。ましてや相手はキレイ好きの神さまです。神さまに気持ちよく受け入れられ、願いを叶えてあげたくなってもらえるよう、「お邪魔します」という気持ちで一礼し、鳥居をくぐりましょう。

帰る際も、お参りが終わるやいなや、プイッと去って行くのも作法としてはよくありません。鳥居を出たら、クルリと向きを変えて、神さまに向かって一礼し、「ありがとうございました」と言ってから帰りましょう。

出典:12ヶ月の開運神社カレンダー

【書誌情報】
『12ヶ月の開運神社カレンダー』
白鳥詩子 著

ほかでは語られていない、 「開運速度がぐんとアップする」特別な神社参拝を伝える1冊。 神社を守る家系に生まれ、11歳で巫女デビューした著者が、 お参りするのに「最適な開運日」を月ごとにピックアップし、 その意味合いと、神様が耳を傾けてくれる願いの伝え方をご紹介します! 神様との「ご縁」が深くなり、神様に愛されながら、 どんどん願いを叶えていける素敵なサイクルが生まれます。 気になる参拝のお作法や、暦にそった開運フード、お願いごと別のおすすめ神社も掲載! 神社好きも、神社巡り初心者も楽しめます。