LOVE SPORTS

ハリウッド映画と中国マネーの関係ってどうなっているの?【地政学の話】

2015年ごろから、ハリウッドで制作される映画の中で、中国の存在が大きくなっています。

マット・デイモン主演の『オデッセイ』でも、NASAの窮地を救うのが中国国家航天局という設定。ほかにもハリウッド映画で中国人俳優の起用が多くなったり、設定そのものが中国寄りという現象が起こっています。

これは習近平・中国国家主席が無類のハリウッドの戦争映画が好きだったことが大きくかかわっています。

アメリカにとっては娯楽のひとつである映画も、中国にとっては大きな輸出産業のひとつ。習近平・中国国家主席はアメリカに対抗する社会主義文化強国を建設するため、映画産業の育成を重視します。

さらに中国トップの大富豪である王健林氏は2016年『ジュラシックワールド』などを制作したレジェンダリー・エンターテインメントを買収し、一気にハリウッドへの殴り込みをかけました。

トランプ政権で緊張状態が続く

しかし、2018年に入ってからはその勢いが低下していきます。理由の1つは米中間で起きた貿易戦争です。

トランプ政権は2018年7月、知的財産権侵害を理由に、818品目、日本円にして約3兆7700億円もの中国製品に対し25%の追徴課税を課しました。

それに対し中国は報復関税を実施しています。このことにより両国の緊張は続いており、中国とアメリカの間でのハリウッド作品の上映に関する取り決めは保留になっている状態です。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 地政学の話』
著:荒巻 豊志

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「地政学」について分かりやすく解説した一冊。「地政学」とは、地理的な条件が国家の政治、経済、軍事に与える影響を研究する学問。歴史的背景も関わり、国内・世界中で起こっている諸問題解決の糸口となる、まさに現代に最も必要な知識である。ニュースではよくわからない国際情勢と世界で起こっている現状が見えてくる!