LOVE SPORTS

自分の行動に制限をかけてしまう「三大邪気言葉」とは?

自ら呪いをかける“三大邪気言葉”に注意

行動はもちろん、普段何気なく発している言葉にも邪気は潜んでいます。「どうせ私なんか~」「〇〇のせいだ」「〇〇できない、〇〇がない」。この〝三大邪気言葉〟に心当たりがある人は、言葉による邪気を生み出すことで、自分自身に暗示をかけています。自分を卑下したり他人のせいにしたりするほか、打消しの言葉を使うことで、自分の行動に制限をかけているのです。

もしこのような邪気言葉を言いそうになったら、「どうせ私なんか……うまくいくし!」「彼のせいで……毎日ハッピー!」「時間がない……けどなんとかなるよね!」など、前向きな言葉で締めくくるように意識してみてください。「そんなことくらいで」と思われるかもしれませんが、言い方をちょっと変えるだけで効果てきめん。実際にやってみると心が明るくなるのがわかります。邪気言葉によって自分に呪いをかけそうになったら、ぜひ試してみてください。

【書誌情報】
『やったほうがイイ! 邪気祓い』
著者: 碇のりこ

世の中は2通りの人間にわかれます。それは邪気を祓える人と、邪気を祓えずとりつかれてしまう人。運が強そうに見える人や、いつも幸せそうに過ごしている人は、意識的にしろ、無意識的にしろ、日常生活の中で上手に邪気祓いができている人です。邪気を祓うことは、生活環境を整え、自分自身を変えることでもあります。邪気は気づいた瞬間から祓うことができるもの。邪気祓いで、人生は必ずうまくいきます。さあ始めましょう!