LOVE SPORTS

今の自分以上に進化したいと考える人がやるべきこととは?

今ある人間関係が、本当に豊かだとは限らない

ソウルリッチの世界で人脈を作るポイントのひとつに、人から嫌われても好かれても気にしないこと、というものがあります。「来るもの拒まず去るもの追わず」です。たとえ光り輝く魂同士であっても、そこは人と人。それぞれに個性や目的があれば、相性もあります。合う・合わないが生まれるのは当然です。どんなに誠実に相手と向き合っていても、どうしてもうまくいかないということだってありますよね。そういうときは自分や相手のせいにするのではなく、ただ「相性が悪かったんだな」と思うようにしましょう。相性の中には、お互いの組み合わせであるマッチングの問題もあれば、「時期が悪かっただけ」というタイミングの問題もあります。

一度は合わなかった人でも、数年後に再会したときには、より良いパートナーとして一緒にやっていけるケースも珍しくありません。そう考えると、難しく考えたり、思い悩んだりすることもなくなりますよね。ときには、「今はそのときじゃなかった」と割り切る勇気も大事なのです。気をつけなければいけないのは、人は「今ある状態が自分にとってのベスト」と思い込みやすいということ。「気が合わないけど、ビジネスパートナーとして贅沢は言えない」「あんまり楽しくないけど、彼を逃したらもう新しい恋人はできないかも」など、変化を求めるよりも現状維持を選ぶほうがラクですし、実際にそうしている人はたくさんいます。

でも、それでは今の自分以上に進化することはできません。少し視野を広げれば、いくらでも選択肢はあるのに、自ら可能性を狭める必要なんてありません。あなたは、今いる場所に自分の魂を縛りつけていませんか?ことあるごとに「私がいる場所はここではないのでは?」と疑いの気持ちが生まれるようなら、一度、魂の声を尊重してみましょう。

小さな違和感でも、それをずっと抱えたまま過ごしていたら、気づいたときにはどうすることもできないほど大きな重荷になっていることがあります。魂を押し殺すことに慣れてしまうと、イヤなことに対する拒否反応も薄れる代わりに、うれしいこと、楽しいことに出合っても心が動かず、魂が輝かなくなってしまいます。本来、魂は健やかな状態であれば、うれしいこと、楽しいことに敏感です。魂には、自分を感動させてくれるものを、自然に引き寄せるチカラがあるのです。もし、自分の喜怒哀楽が小さくなっていると感じたら、あなたの魂は麻痺しているのかもしれません。自分の中の問題や違和感に向き合わず、ずっと自分に言い訳をしながら、魂を麻痺させて生きていくこともできます。そして残念なことに、魂を麻痺させたまま(そのことに気づくことさえできないまま)一生を終える人もいます。

【書誌情報】
『お金の引き寄せ方は魂だけが知っている』
著者:愛新覚羅ゆうはん

「お金持ち×スピリチュアル」の秘密を大公開!時代がこんなにも大きく変わり始めているのに、お金に対する価値観や引き寄せ方だけは、いまだにバージョンアップされずに古いままになっていませんか?これからは「魂でお金を引き寄せる時代」です。魂からのメッセージに耳を傾け、魂が喜ぶことをしていば、お金はおのずとついてきます。本書では〝魂ファースト”で生きる方法をお伝えします。