LOVE SPORTS

周りの人を楽しい気持ちにさせてくれる人が持つ『寵愛線』とは!?【手相の教科書】

寵愛線

月丘の下部付近に1、2本の線が斜めに昇ることがあり、この線を「寵愛(ちょうあい)線」と言います。この相は2㎝以内くらいの短い線として現れますので、目を凝らしてよく見てみてください。この線は、人気線とも呼ばれ不思議な魅力に溢れ、誰からも可愛がられたり、好かれる人に現れる幸運の相です。周りの人を楽しい気持ちにさせてくれるタイプなので、この相を持つ人の周りにはいつもたくさんの笑顔があります。人と接したり、人前に立つことが向いている人で、この線に太陽線が加われば大人気の人となり、何をやっても売れっ子間違いなしです。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。