SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

ケガによる2度の登録抹消にも負けない、3拍子揃ったFA戦士・福田秀平

2020年8月度
SNS&検索ポイントランキング

●パ・リーグ7位:/福田秀平
【19,069 SP】

 大きな期待の中、ソフトバンクからロッテにFA移籍してきた福田秀平。

開幕直前の練習試合で受けた死球による右肩甲骨骨折で出遅れ、6月&7月でわずか9試合の出場にとどまった福田秀平だが、8月4日にオリックスのエース・山本由伸から右翼5階席に飛び込む特大の移籍後初アーチを打ち、存在感を示した。

その後も8月13日には本拠地・ZOZOマリンスタジアムで移籍後初本拠地アーチでチームの勝利に貢献。

8月26日にはそれまで開幕8連勝中だった楽天・涌井秀章からホームランを打ち、涌井秀章に今シーズン初となる黒星を付けた。

しかし、8月29日にまた残念な報道が。右恥骨筋損傷により1軍登録抹消。活躍していただけに本人も悔しかったことだろう。

とはいえ、9月23日にまた1軍に戻ってきた福田秀平は復帰初日に1番センターでスタメン出場、ヒット1本を打った。

優勝争いが熾烈なパ・リーグ。完全復活した福田秀平の力がチームには必要だ。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫

プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。