SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

歴史的大打者にも劣らぬ猛打を誇るカープの主砲、鈴木誠也!

2020年7月度
SNS&検索ポイントランキング

●セ・リーグ4位:鈴木誠也/広島
【 36,327 SP】

 どんなに打っても、もう誰も驚かない男、それが鈴木誠也だ。毎年、3割1分30本90打点クラスの成績を挙げ続けている。今季も8月20日時点で.328の12本塁打36打点。打撃各部門で上位に位置し、出塁率と長打率を足し合わせた値OPSは1.030で堂々の一位だ。

 鈴木誠也は1軍デビュー以来の通算でOPSが.977。これは落合博満の.987に迫る数値だ。まだ若いため単純比較は出来ないが、歴史的大打者にも劣らない素晴らしいバッターであると言える。

 今季はチームの状態が芳しくなく、最下位からなかなか抜け出せない。3連覇の主役でもあった鈴木誠也のバットの力で、ひとつずつ勝利を積み上げていって欲しい。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫

プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。