SNS RANKING
プロ野球SNS&検索ポイントランキング

甲子園で「最後の火の玉ストレート」を見たい! 今シーズン限りで引退を表明した藤川球児

2020年9月度
SNS&検索ポイントランキング

●セ・リーグ6位:藤川球児/阪神
【21,911 SP】

セ・リーグ6位は阪神・藤川球児。いわゆる「松坂世代」の残り少ない現役選手だ。

9月1日、今季限りの引退を発表し、記者会見を行った。SP値はこの1日だけで11071spという驚異的な数字を示した。

引退決断の理由について、「1年間、コンディションを保つのが難しい。体が悲鳴を上げている。チームに迷惑を掛けている」と発表された。

今シーズン、1勝3敗2Sで防御率7.20と苦しんでいた。そして、 8月10日を最後に藤川球児はマウンドに上がっていない。

しかし、会見では「あと2カ月半ありますから」と語った藤川球児。必ず最後に甲子園で「火の玉ストレート」を見せてくれる日があるはずだ。

予定されている甲子園最終戦は11月5日のヤクルト戦だ。

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫


プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。各球団の各月SP上位2名を選出。その中でのセ・パ上位10名を紹介。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。