LOVE SPORTS

  • HOME
  • SPORTS LAB
  • 意識したプレーが無意識にプレーできるようになるまでに必要な練習時間とは?【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

意識したプレーが無意識にプレーできるようになるまでに必要な練習時間とは?【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

Text:鈴木宏輝

技術を無意識に使えるまで練習をしよう

【どうして】意識したプレーではなく無意識のプレーこそが習得となる

技術を習慣化させるには2~3ヶ月の反復練習が必要

意識したプレーではなく無意識のプレーこそが習得となる【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

選手から「ボールを止めて蹴るはもうできるよ!」という言葉を耳にします。しかし、どんな場面でも完璧にこなせるレベルなのでしょうか。相手が目の前にいてプレッシャーを受けている状態でも同じようにできるのでしょうか。技術の習得にはそれなりに時間がかかりますし習慣化できるようにするには日ごろの反復練習は欠かせません。

技術を習慣化させる、つまり意識している状態から無意識でできるようになるまで磨きましょう。ある学者の研究で新しい習慣が身につくまでの平均時間は66日だと言われています。目安として2~3ヶ月は続けてください。

技術を習慣化させるには2~3ヶ月の反復練習が必要【ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやってる!デキるプレー55】

コーチからひとこと

小学生の年代こそ技術習得に適しています。ボールテクニックを磨けばプレーに余裕が生まれます。

【出典】『ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55』著:鈴木宏

【書誌情報】
『ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55』
著:鈴木宏輝

サッカーは世界中で人気のスポーツで、日本でも多くの子供たちがプレーしています。選手たちは将来プロを目指し、競争やトレーニングを通じて成長します。サッカーは技術だけでなく、姿勢や行動も評価され、信頼が重要です。「ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55」は、サッカーの考え方や練習方法を紹介し、選手が楽しく成長することを目指しています。大切なのは、サッカーを楽しく好きになることです。「ジュニアサッカー 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレー55」を活用して、実践してほしいと思います。また子供だけでなく、保護者も一緒に読んでいただきたいおすすめの一冊です。

オススメ記事