SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】菅野智之の3年後輩、東海パワーで巨人を引っ張る“ポスト・阿部慎之助”を期待の大城卓三

2020年9月度
SNS&検索ポイントランキング

●巨人4位:大城卓三
【41,116 SP】

4位には、打てるキャッチャー・大城卓三がランクイン。

阿部慎之助の後継者と言うと、まだ荷が重いがその期待を持たせてくれる3年目・27歳の若武者だ。

今シーズンは小林誠司が早々にケガで離脱したこともあり、98試合消化時点で59試合のスタメンマスク、途中出場も19試合。打率.275・本塁打9本とキャッチャーとしては充分な打撃成績と言える。

9月のSP値が最大だったのは6516spの7日。

前日の6日から2試合連続の3安打猛打賞の活躍で勝利に貢献。

7日は月曜日でNPB公式戦は巨人-阪神の1試合しかなく、巨人ファンだけでなくプロ野球ファンの多くが見た試合だったということも影響していそうだ。

東海大相模高校‐東海大学という経歴は3年先輩のエース・菅野智之と同じ。

間違いなく今の巨人には東海パワーが大きな力になっている!

≪SNS&検索ポイントランキング:企画概要≫


プロ野球に関するTwitterのつぶやきや、ブログ、2チャンネルなどの各種掲示板への書き込み、Google:Yahooなど各種検索エンジンで検索された回数などを集計。ポイント化された数値(SP=Serched Point)をランキング化。SPは、スポーツメディア「スポルアップ」が独自のリサーチ技術を用いて算出している。

≪スポルアップ:会社概要≫

日本最大級のスポーツトレーニングメディア「スポルアップ」を運営。月間50万のスポーツユーザーを集めている。Facebookを活用したPRに定評があり、大手スポーツメーカーが新商品プロモーション媒体として活用中。 代表の山本慎二郎氏は楽天・Amazon・ネット広告出身のため、ネットショップに精通。ネットショップ構築のコンサルティングも行っている。