SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

リーグ前半戦パ・リーグ相手に負けなし!宮城大弥は新人王獲得なるか

Text:落合初春

プロ野球2021新人王争いの行方は!?

今季は史上最高レベルの白熱したバトルが展開!今季は新人が大豊作。打者も投手も逸材が揃い激しい新人王争いを展開している。野球人生で一度きりのチャンスを掴むのは!?

今年も注目を集めるのは、そう、新人王争いだ。プロ野球人生で一度きりの栄誉をもぎ取るのは誰か。徹底予想してみよう。

リーグ前半戦パ・リーグ相手に負けなしの宮城大弥

パ・リーグでは若手投手が続々と台頭している。新人王の大本命はオリックス・宮城大弥だ。

2019年のドラ1、高卒2年目の20歳という若さながら、見分けのつかないスライダー、チェンジアップのコンビネーションを使いこなし、先発で13勝4敗、防御率2.51の圧倒的好成績を収めている。

交流戦の阪神戦で1敗を喫したが、リーグ前半戦をパ・リーグ相手に負けなしというのも鮮烈だ。

 

チームメートの山本由伸とともにオリックス大躍進の立役者になっており、新人王に一番近い存在であることは間違いないだろう。


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!プロ野球(30)』12月13日発売!