SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人、梶谷隆幸&井納翔一をW獲り!【プロ野球21開幕前トピックス】

Text:花田雪

プロ野球2021開幕前10大トピックス

プロ野球開幕前に、この情報だけは押さえておけ!

春季キャンプ、オープン戦、そして開幕へと続く「球春到来」へのカウントダウンが本格的にスタート!……と、その前にまずは昨年オフ~キャンプ直前までに起きたニュースをあらためておさらいしておこう!

ベイの主軸を巨人が獲得3連覇へ、死角なしか!?

 無風に終わったFA戦線の中で、唯一積極的な補強を行ったのがセ・リーグのディフェンディングチャンピオン・巨人だ。DeNAで昨季、リーグ2位の打率・323を記録した梶谷隆幸、先発として6勝を挙げた井納翔一を相次いで獲得。

1月26日時点で去就が確定していない澤村拓一、松永昂大(ともにロッテ)を除いて、唯一の国内FA移籍劇となった。同一リーグ内の主力選手を奪ったこともそうだが、巨人としては手薄な外野陣の層に厚みを持たせ、なおかつ菅野智之が抜ける(と想定されていた)先発陣の充実と、チームの補強ポイントともマッチ。

原辰徳監督も梶谷隆幸には「理想は1番」、井納翔一には「先発ローテで150、200イニング近く投げてもらう」と大きな期待を寄せる。結果的に菅野智之がチーム残留を決めたことで、戦力的にマイナス無し、プラスのみという最高の結果に終わった巨人のオフシーズンだった。

『がっつり!プロ野球28号』1月29日発売!!