SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

日本シリーズ、パ・リーグ8連覇がより濃厚になった理由【2020年プロ野球】

実力のパに追い風の日程発表

「人気のセ、実力のパ」と言わるプロ野球。昨年までの日本シリーズ勝者が7年連続でパ・リーグのチームという事実だけでも、それを証明しています。過去20年間を振り返ってもパ・リーグの14勝。オリックス以外の5チームが日本一を経験しています。

さて、15日にNPBが今年の日程を発表しましたが、この日程によりパ・リーグの日本シリーズ8連覇が決まったといっても言いかもしれません。

理由はズバリ、「パ・リーグにだけクライマックスシリーズ(以下、CS)を設定した」ことです。
予定通りに試合を消化できれば、セ・リーグ優勝チームはリーグ最終戦から約2週間後に日本シリーズを迎える日程になりました。少なからず実戦感覚が鈍ります。

一方、パ・リーグはリーグ1位と2位が戦うCS最終4戦目から中3日で日本シリーズを迎えます。ちょうど良い間隔でしょう。また、CS第1戦には当然エースピッチャーが投げるはずですが、これまたちょうど良い中6日で日本シリーズ1戦目を迎えることになります。プラスして、チーム全体に「短期決戦のCSを勝った」という勢いまで付いてきます。

とはいえ、まだ5ヶ月後のこと。まずは、リーグ戦120試合を大いに楽しみましょう!