SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【ドラフト査定/評価:B+】先発でもリリーフでも使えそうな黒原拓未を1位指名!ピンポイント補強に成功

12球団完全データファイル2021

両リーグ、前年最下位チームが優勝を果たしという前代未聞のシーズンとなった2021年。12球団の詳細なデータをもとに、今季の戦いぶり&来季に向けた課題、期待値を完全掲載!

【ドラフト査定/評価:B+】クジは2連敗を喫したが、ピンポイント補強に成功

隅田知一郎(西日本工業大/西武)、山下輝(法政大/ヤクルト)をクジで外したが、即戦力投手優先の方針を変えず、黒原拓未(関西学院大)を1位指名。黒原は173センチとやや小柄だが、最速151キロのストレートに多彩な変化球を持ち合わせる本格派左腕。先発の5〜6枚目でもリリーフでも使えそうなしなやかな好投手で佐々岡監督の決断に注目したい。

2位の森翔平(三菱重工West)は最速150キロの馬力型左腕。しっかりと叩きつけるストレートの球質は重く、スタミナも抜群。経験も豊富な社会人で「ザ・即戦力」といった雰囲気だ。3位ではやや手薄な外野陣に中村健人(トヨタ自動車)を加えた。走攻守三拍子揃った外野手で中京大中京高、慶應大、トヨタと名門を渡り歩いた実力者。長野久義のようなプレーヤーになれる。4位の田村俊介(愛工大名電高)は高校通算32本塁打の左の好打者。高校では「3番・エース」で活躍しており、二刀流も夢ではない。

5位・松本竜也(Honda鈴鹿)は140キロ台後半のキレ味鋭いストレートが持ち味の本格派。落ちる球も得意で奪三振能力が高い。末包昇大(大阪ガス)は188センチ110キロの魅惑のロマン砲。体重は3ケタ台だが、50メートル走6・2秒と動けるタイプで身体能力は高い。高木翔斗(県岐阜商高)は188センチのサイズが光る大型捕手だ。


【新戦力査定/評価:A-】神様、仏様、栗林様…!ドラフト組が結果を残す

3連覇を支えた中﨑翔太、今村猛、一岡竜司がサッパリになってしまい、リリーフ陣が火の車だったが、ドラ1の栗林良吏が守護神として大躍動。カープどころか東京五輪では日本代表の守護神として金メダル獲得に貢献。佐々岡監督の慧眼が光った。左の森浦大輔も54試合で17ホールドを挙げ、勝利の方程式に絡める実力を見せれば、大道温貴も先発とリリーフの双方でユーティリティ性を見せた。そもそも栗林の活躍だけでも新戦力はA評価を付けられる。

減点要素は新外国人の不発。「ポスト・エルドレッド」の呼び声高かったクロンは試合で打率・231、6本塁打に終わり、バードもピリッとせず、33試合で防御率4・57。ネバラスカスは2軍でも打ち込まれ、1軍では1試合の登板に終わった。

 ドミニカアカデミー、育成から這い上がってきた実質1年目のコルニエルは剛球を武器に50試合で防御率3・82の成績を収めたが、まだ発展途上の段階だ。野手も投手も「この選手がいなければ…」という助っ人はおらず、入れ替えで上積みが見込めそうだ。課題は明白なだけに動きは早く、オフに入ってすでに3選手を獲得している。


【セリーグ4位】広島東洋カープ

【2021シーズン成績】
63勝68敗12分
勝率 .481
得 点 557 ③
失 点 589 ⑤
本塁打 123 ④
盗 塁 68 ③
打 率 .264 ①
防御率 3.81 ⑤


鈴木誠也は当然のチーム三冠。森下暢仁もリーグ4位の防御率2.98を記録した。ただ、少し心配なのは、走り屋がいなくなったこと。カープは伝統的に走れる選手が揃った年に優勝を収めており、打撃一本での優勝はない。そのあたりの歴史をどう捉えるか?


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内