SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

MLB通算601Sを誇る史上最強のチェンジアップの使い手!トレバー・ホフマン

がつプロ変化球大事典〜チェンジアップ編〜

他にも大勢いるけれど……『がっつり!プロ野球』が独断で“秀逸投手”を選定しました!

プロ野球新旧チェンジアップの使い手大公開!!

MLB通算601セーブを誇る史上最強の使い手!

トレバー・ホフマン/サンディエゴ・パドレスほか

チェンジアップが流行したのが比較的最近の日本球界にはめぼしい「旧」使い手がいなかったので、ここではメジャー史に残る屈指の使い手を紹介。2010年に現役を引退するまで、メジャー通算601セーブ(歴代2位)を挙げた稀代のクローザー、トレバー・ホフマンだ。160キロ前後を投げるクローザーが多いメジャーにおいて、速球は140キロ程度、それでも、速球より15キロほど遅いチェンジアップは「ボールにパラシュートがついているよう」、「ボールに紐をつけて操作しているよう」と言われるほど打者を幻惑させた。スライダー、カーブといった他球種とのコンビネーションも見事で、メジャーでは珍しい「軟投型」のクローザーとして通算1035試合すべてをリリーフとして勤めあげた。

【初出】がっつり!プロ野球20号

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!