SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

今浪隆博がプロ入りに至った大きな出会い

Text:遠藤玲奈

【元北海道日本ハムファイターズ/ヤクルトスワローズ 今浪隆博さんトークショー】

なぜプロ野球選手になる夢を叶えることができたのか。才能があった上に努力を重ねたから、というのがまっとうな答えであり、それは日本ハムファイターズ、ヤクルトスワローズで活躍した今浪隆博さんについても言えることでしょう。

しかし、プロ野球は狭き門であり、ほんの少しの違いで、それをくぐれるか、くぐれないかが変わってくることもあります。

ソフトボールのチームに入っていた小学生の頃から腕前が評判になっていた今浪隆博さんですから、才能に恵まれていたことは確かです。

が、プロ入りまで一直線というわけでは決してありませんでした。特に大学の野球部では、さまざまな事情から4年生まで試合に出場することがなく、もうこれで野球は終わりだとご自身も一時は考えていたそうです。

それにもかかわらず、なぜ多くの人々の記憶に残る選手となることができたのか。お話を伺っていて印象に残ったのは、今浪隆博さんにとって身近なお二人の人物でした。

↓今浪隆博さんトークショーの模様はこちらから! ↓
普段見ることのできない今浪さんの笑顔の写真を見る

ひとりは、今浪さんのお母様です。

福岡出身なのに、京都の平安高校に進学し、さらに東京の明治大学へ。このような進路をたどることになった大きなきっかけが、お母様による後押しでした。

今浪さんのご両親とも福岡の生まれ育ちだそうです。だから他の場所を知らない、あなたはもっと広い世界を見てきなさい、というお考えから、地元の高校進学へ傾いていた息子の心を、平安高校へとうまく導きます。

興味深いのが、寮のない学校という条件です。お母様ご自身もスポーツに打ち込んだ経験があり、チーム内の上下関係の厳しさをよくご存じでした。

野球に励むために入部したはずが先輩たちの雑用ばかりさせられたのではたまらないということで、高校時代の今浪さんは同学年の野球部員と3人暮らしをしていたそうです。

寮の方が管理が行き届いていて安全なのでは、と考える親御さんが多いように思われますが、高校生ばかり3人での生活は、朝から晩まで練習、帰ってきたら洗濯をして寝るだけ、というものでした。

お母様の思惑通り、野球漬けの日々を送ることができたのです。

↓今浪隆博さんトークショーの模様はこちらから! ↓
普段見ることのできない今浪さんの笑顔の写真を見る

お前の就職先を見つけてきてやる

しかし、大学の野球部では入寮を余儀なくされ、懸念していた厳しい上下関係も当時はやはり存在していました。それになじめず、練習から足が遠のいていきました。

社会人チームからの誘いはあったものの、プロ野球以外には心引かれることもなく、もう見切りをつけようとほぼ固めていた決心。

それは、とあるOBの大先輩とお話する機会がなければ、覆ることはなかったでしょう。その方は関西のご出身でもあり、関西の高校から入学してきた後輩たちをかわいがっていました。

その中のひとりである今浪隆博さんが野球を諦めようとしていることを知ったそのOBの方は、「お前の就職先を見つけてきてやる」ときっぱり言いました。

そして、いろいろあって……この間の出来事は、今浪隆博さんにもはっきりとは分からないそうです。

おそらく、と考えられることはあるそうですが、とにもかくにも今浪隆博さんは日本ハムファイターズからドラフト指名されるに至りました。OBの方の熱心なご推薦があったことは、どうやら間違いなさそうです。

夢を叶えられるか否かの大きな分岐点となりうるのが、人との出会いです。

こういうお母様に育てられ、OBの方の目に留まったから。もちろん他にもたくさんの方々から影響を受けているはずですが、今浪隆博さんが初志貫徹できた理由を才能と努力の他に挙げるとすれば、これがかなり大きいように私には感じられました。

話が弾みすぎて、なんと入団までのところでトークショーは時間切れ……近いうちに是非、続きのお話をお聞かせいただきたいです。

↓今浪隆博さんトークショーの模様はこちらから! ↓
普段見ることのできない今浪さんの笑顔の写真を見る

『ラブすぽ』ライター:遠藤玲奈
池田高校のやまびこ打線全盛期に徳島に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業、東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。選手としての経験はないが、独自の方法で野球の奥深さを追究する。特に気になるポジションは捕手。フルマラソンの自己ベストは3時間31分。