SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

近未来に坂倉将吾&小園海斗と並ぶ中軸に!広島カープが2位指名すべき内藤鵬/日本航空石川

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!広島カープ編

リーグ3連覇時の主力選手が高齢化する中で、それなりに世代交代を成功させている感のある広島。とはいえ、優勝を逃し続けている現状とは真摯に向き合わなければならない。毎年、独自路線のドラフト戦略を見せるだけに、今年も将来の主軸クラスをしっかりと確保したい。

一本釣りの巧者は、誰を1位指名するのか?

広島と言えば、「ドラフト一本釣り」のイメージが根強い。近年では2019年に森下暢仁、2020年に栗林良吏が単独1位で入団し、1年目から1軍で活躍。現在も主力を担っている。一方、定評のある育成面では高卒選手を2軍で鍛え上げる伝統は変わらず。2018年1位の小園海斗はすっかり遊撃レギュラーに定着した。他球団との駆け引きに一日の長がある広島が、今年は誰を1位で指名するのか、注目したい。

内藤鵬/日本航空石川・内野手

●おすすめ指名順位は2位指名!


今年こそ右の原石獲得を!広島のカラーに合う怪砲


近年は現場の要望で投手中心のドラフトを展開してきた広島。栗林良吏、森浦大輔らリリーフ陣が安定し、逆算した戦い方ができるようになった。とはいえ、大黒柱の大瀬良大地に往時の力はなく、いまだ盤石とは言えない状況だ。今年も1位では荘司康誠(立教大)や曽谷龍平(白鷗大)のような、大エースになりうる大器を獲得しておきたい。

ただし、投手補強に偏りすぎて「右の強打者」という宿題を放り投げたままの状況が続いている。昨年は鈴木誠也(カブス)の流出に備えて社会人から2人の右打ち外野手を補強したが、急場しのぎの感は否めなかった。今年は将来の屋台骨を背負える逸材を2位までに指名すべきだ。

そこで推薦したいのは、内藤鵬(日本航空石川)である。180センチ100キロの、中村剛也(西武)を彷彿とさせるシルエット。爆発力と確実性を併せ持ち、高確率でコンタクトできる打撃が魅力だ。猛練習に耐えられる肉体の強さと練習熱心な内面もカープ向き。

近未来に坂倉将吾、小園海斗ら左打者の中軸に右打者の内藤が食い込めたら、夢はふくらむ。なお、両親は中国籍で「鵬」という名前は中国の伝説的な鳥が由来だという。他にも全国的な知名度はないものの、高校通算35本塁打のパワーと高い身体能力を秘める内田湘大(利根商)も広島好みのする好素材だ。

また、今季の盗塁数がリーグワーストだから、「走れる選手を獲ろう」と考えるのは早計だろう。首脳陣が「無理に盗塁をする必要がない」と判断すれば、数字は増えない。実際に広島には野間峻祥、曽根海成、羽月隆太郎のように盗塁可能な選手もいる。それでも盗塁可能な一芸を持つ快足を求めるなら、林琢真、浦口輝(ともに駒澤大)、辰見鴻之介(西南学院大)、名原典彦(青森大)といった選手を挙げたい。

こんな指名はNGだ!

今年も「投手中心のドラフトを……」と現場が要望しても、フロントは毅然と突っぱねて右の強打者の素材獲得を果たしてもらいたい。広島が2016~2018年にリーグ3連覇できた要因は、2位前後で野手の好素材を獲得し、育てられたから。今年こそ次世代のスターを育てるための投資を。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内