SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

鈴木誠也の穴埋めを!広島カープが1位指名すべき森下翔太/中央大

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!広島カープ編

リーグ3連覇時の主力選手が高齢化する中で、それなりに世代交代を成功させている感のある広島。とはいえ、優勝を逃し続けている現状とは真摯に向き合わなければならない。毎年、独自路線のドラフト戦略を見せるだけに、今年も将来の主軸クラスをしっかりと確保したい。

一本釣りの巧者は、誰を1位指名するのか?

広島と言えば、「ドラフト一本釣り」のイメージが根強い。近年では2019年に森下暢仁、2020年に栗林良吏が単独1位で入団し、1年目から1軍で活躍。現在も主力を担っている。一方、定評のある育成面では高卒選手を2軍で鍛え上げる伝統は変わらず。2018年1位の小園海斗はすっかり遊撃レギュラーに定着した。他球団との駆け引きに一日の長がある広島が、今年は誰を1位で指名するのか、注目したい。

森下翔太/中央大・外野手

●おすすめ指名順位は1位指名!


近年は即戦力偏重の傾向!そろそろ高校生の大物を


主砲の鈴木誠也(カブス)が抜けた穴を埋めようと昨年のドラフトでは中村健人、末包昇大と2人の社会人外野手を獲得したが、ともに目立った結果を残すことはできず、チームもBクラスに低迷。昨年ブレイクしたかに思えた林晃汰も今年は苦しんでおり、強打者タイプの獲得はやはりテーマとなりそうだ。ただ投手陣も近年は即戦力重視の指名を繰り返しており、結果は出ているものの若手の有望株はそれほど多くないだけに、将来のエース候補も必要となってくる。

白武スカウト部長の言葉通り外野手の右の大砲ということであれば森下翔太(中央大)が候補となる。飛ばす力に加えて脚力もあり、体が強いというのも広島のチームカラーに合った選手と言えそうだ。野手で白武部長がもう一つの補強ポイントとして挙げていた捕手で、更に打てる選手として面白いのが野口泰司(名城大)だ。地方リーグ所属だが、全国大会でもレベルの高い投手相手にしっかり結果を残しており、確実性と長打力を兼ね備えている。

守備面も今年に入って安定感が増してきた。坂倉将吾を完全に野手に回し、野口を正捕手候補とするというのもチーム編成的には面白いだろう。

上位指名の1枠で投手を狙うというのであればおすすめしたいのが門別啓人(東海大札幌)だ。全国大会の出場はないものの、北海道では下級生の頃から評判の投手で、高校生サウスポーではナンバーワン。左投手の先発候補が少ないだけに、2位で残っていればぜひ狙いたい選手である。

下位で残っていれば面白いのが河野佳(大阪ガス)だ。高卒2年目の昨年は社会人でタイトルを総なめにするなど大活躍を見せている。今年は調子を落として都市対抗でも結果を残すことはできなかったが、持っている能力は高い。広島は社会人出身の投手が多く活躍しているということも追い風となりそうだ。

こんな指名はNGだ!

ここ数年は森下、栗林、森浦など上位で指名した投手が戦力になっているが、それを続けすぎるとすぐに主力が高齢化してしまう。下位指名の高校生は博打的な要素が強く、それに懸けるのは危険だ。Aクラスを狙える位置だからということで、目先だけを考えた即戦力志向は避けるべきだろう。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内