SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

大谷翔平とは違った二刀流に!日本ハム/新庄監督が1位指名すべき矢澤宏太/日本体育大

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!北海道日本ハムファイターズ編

新庄BIGBOSS就任1年目の今季は、優勝争いからは1球団だけ“蚊帳の外”でシーズンを過ごした。ただ、チームは明らかに再建期に突入しており、今季の最下位は想定内だろう。問題は新庄監督になって臨む来季以降。“育成上手”と言われ続けたチームだけに、そろそろ本領を発揮したい。

素材型指名の路線は継続?新球場オープンの影響は…

昨年は1位で達孝太、2位で有薗直輝と、「非即戦力」に振り切った指名を見せた。伝統的に高卒選手を育て上げる気風だけに、その路線を継続するのかも注目。新庄監督の意向と、来季オープンする新球場に向けたフロントの思惑がどちらに転ぶかで、指名戦略は大きく変わってきそう。

矢澤宏太/日本体育大・投手&外野手

●おすすめ指名順位は1位指名!


チーム再建は長期化も…No.1路線は継続か


ビッグボスが高い注目を集めたものの、5位に大差をつけられて最下位に沈んだ日本ハム。野手を中心に若手が育ってきたのは明るい材料だが、主力が抜けた穴を埋めきれず、他球団と比べても戦力的に厳しい印象は否めない。今年は新球場が開場する期待も大きいが、少し長期的な視点でドラフトを進める必要はありそうだ。

1位ではまずとにかくスター性のある選手が欲しいが、推したいのが二刀流の矢澤宏太(日本体育大)だ。新庄監督は野手として評価しているとのコメントもあったが、投手としての才能も捨てがたいものがある。外野手としてレギュラーを狙いながら、チームに不足している左の中継ぎとしても起用する新たな二刀流を検討できないだろうか。これまでになかったことをやるという意味では日本ハムが12球団の中でもパイオニアであり、大谷翔平とは違った形の二刀流にぜひチャレンジしてもらいたい。

野手はそれなりに若手が出てきているだけに、2位以下ではまずスケールの大きい投手を狙いたい。高校生で残っていればぜひ狙いたいのが斉藤優汰(苫小牧中央)だ。190㎝近い長身で、ストレートの球威は今年の高校生の中でもトップと言える。ここ一番でギアを上げられ、打者に向かっていけるのも魅力だ。あまりいないタイプでは安西叶翔(常葉大菊川)も面白い。サイドスローとスリークォーターの中間くらいの腕の振りで球持ちが長く、独特のボールの角度と勢いがある。最終学年で一気に評価を上げたのもプラスだ。

野手では捕手も補強したいが、高校生で面白いのが清水叶人(健大高崎)だ。送球、打撃とも少し癖はあるが、長打力と地肩の強さは高校生離れしたものがある。夏の群馬大会でも打った瞬間に分かる一発を放ち、スカウト陣にアピールした。宇佐見真吾の後釜候補として、ぜひ狙いたい選手である。

こんな指名はNGだ!

昨年は1位の達孝太、2位の有薗直輝をはじめ、未完の大器タイプを多く指名。チームを作り変える時期ということを考えると理解できるが、チーム事情を考えると完成度の高い選手はやはり必要である。長期的な視点は持ちつつも、あまりに素材重視に振り切った指名を続けるのは避けるべきだろう。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内