SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

8年連続30試合以上登板で通算防御率2.84!祖父江大輔がFA権行使なら争奪戦か!?

祖父江大輔はコスパの良さでFAなら争奪戦か!?

日本野球機構(NPB)より11月14日、フリーエージェント(FA)有資格者として、中日ドラゴンズ祖父江大輔が公示した。

FA権を取得した選手たちは、日本シリーズ終了日の翌日から土、日曜日と祝日を除く7日以内に在籍球団に、FA権行使の意思を伝えればFA権を行使でき、「FA宣言選手」として公示された翌日から他球団との交渉が可能となる。

祖父江大輔は今シーズン、55試合に登板し、1勝2敗5セーブ19ホールド、防御率2.59と、2014年にデビューしてから8年連続30試合以上登板し、通算防御率2.84と安定したピッチングを続けるタフネス右腕だ。

昨シーズンは54試合を投げて、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した祖父江大輔だが、今季推定年俸7000万円と1億円を超えておらず、コスパの良さから他球団も熱視線を送っている。

巨人は今オフのFA市場に参戦しないとの報道が12日に出ているが、今シーズン9試合対戦し、わずか2点しか奪えず、被打率.257、防御率2.00と抑えられた祖父江大輔がFA宣言するとなれば、巨人がチームに加えようと動かないとは言い切れない。

その他、セ・リーグの球団で祖父江大輔から今シーズン3得点以上奪ったのは、広島カープの4得点のみで、どのチームも苦手意識を持っているだけにチームに加えてしまいたいと思っている球団も多いだろう。

FA宣言すれば、他球団からオファーをたくさんもらいそうな祖父江大輔だが、中日ドラゴンズの新監督に就任した立浪和義は10月末に、すでに祖父江大輔と直接面談し、残留してほしいという気持ちを伝えており、中日ドラゴンズも残留交渉を進めている。

来年8月で35歳となる祖父江大輔にとって、大きな決断を迫られる今オフだが、果たしてどのような決断をするのか注目だ。