SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

堅実な打率のビシエドだけではムリ!中日の課題は圧倒的な飛距離を出せる助っ人の獲得

12球団完全データファイル2022

オリックス&ヤクルトがともにリーグ連覇を飾った2022年。多くの記録も生まれたメモリアルなシーズンを、詳細データをベースに12球団ごとに細かく振り返ろう!

【オフ&来季の課題】ビシエドだけでは無理!長距離砲が一人は必要

今季の貧打を受け、2020年まで在籍したアルモンテを再調査中との情報が出てきた。アルモンテは在籍3年で通算打率.316と堅実だったが、2~3年目は故障続きだった。

何やら嫌な予感がする。ビシエドも打率は堅実に残すが、長打力はそこそこ。今のチームに必要なのは圧倒的な飛距離を出せる助っ人ではないだろうか。

強かった頃の中日にはウッズやブランコといった本塁打王がいた。「広い本拠地なので機動力…」の言い訳は聞き飽きた。かつては巨人に次ぐ年俸総額を誇った時期もあったが、今や12球団最下位。やせ我慢はほどほどに本気の補強をしなければ、負のループは続くのでは?

中日ドラゴンズ過去10年間シーズン成績

2013 高木守道 4位 144試合 64勝 77敗 3分 勝率.454
2014 谷繁元信 4位 144試合 67勝 73敗 4分 勝率.479
2015 谷繁元信 5位 143試合 62勝 77敗 4分 勝率.446
2016 谷繁元信 6位 143試合 58勝 82敗 3分 勝率.414
2017 森繁和 5位 143試合 59勝 79敗 5分 勝率.428
2018 森繁和 5位 143試合 63勝 78敗 2分 勝率.447
2019 与田剛 5位 143試合 68勝 73敗 2分 勝率.482
2020 与田剛 3位 120試合 60勝 55敗 5分 勝率.522
2021 与田剛 5位 143試合 55勝 71敗 17分 勝率.437
2022 立浪和義 6位 143試合 66勝 75敗 2分 勝率.468

過去10年でAクラスはわずか一度と、低迷期を送っている。立浪和義新監督のもと再スタートを切った今季も最下位に終わり、チームとしては今が正念場。来季巻き返しを!

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内