SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

昨季の打率はリーグ1位!「野球太郎」お薦めのドラゴンズ先発オーダーとは?

控えのレベルアップに期待

昨季のチーム打率はリーグ唯一の2割6分台も、得点はリーグ5位。その点、12球団最小の90本塁 打と、破壊力のなさが要因だった。とはいえ、1、2番は大島洋平、京田陽太、中軸は平田良介、ビシエド、高橋周平、下位は阿部寿樹、福田永将、そして8番に捕手という打線はほぼ不動。

守備力の高さを踏まえても、新たに長距離砲を加えるわけにもいかない。ならば、個々の打者がつなぐ意識を持ち、常に1点でも多く取りにいく攻撃をするべきだろう。

また、伏兵の阿部が台頭したとおり戦力の底上げができるチーム。そのノウハウで控えクラスのレベルを高め、レギュラーの選手たちに刺激を与えたいところだ。

守りは12球団最小の45失策。内外野ともにミスが少なく、守備率・992はリーグ新記録だった。 この強みを勝利につなげたい。


※=打者は左打、投手は左投、◎=両打
打者の記録は打率、投手は防御率
ーー次回【ヤクルトスワローズ編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。