SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【イーグルスドラフト査定/評価:B】荘司康誠は即戦力と素材型の中間!投手偏重で田中将大のような大エース発掘なるか

12球団完全データファイル2022

オリックス&ヤクルトがともにリーグ連覇を飾った2022年。多くの記録も生まれたメモリアルなシーズンを、詳細データをベースに12球団ごとに細かく振り返ろう!

【ドラフト査定/評価:B】割り切った投手偏重は◎荘司を引き当てて一安心

ドラフトでは荘司康誠(立教大)の1位指名を公言していたが、ロッテがまさかの重複指名。米田陽介球団社長が当たりクジを引き当て、事なきを得たが、ロッテが特攻するだけの素材ということだ。

荘司は立教大で大いに実力を伸ばした本格派右腕。最速157キロのストレートと高速カット、スプリットなどを投げ、189センチ86キロとサイズもあるが、まだ見た目は細身でパワーアップも見込める。ただ、粗削りな面もあり、即戦力と素材型の中間といった印象だ。

即戦力の本命はドラ2・小孫竜二(鷺宮製作所)。パワー一辺倒で高校、大学で指名漏れを経験したが、社会人3年目になって制球と変化球が急上昇。最速155キロのストレートを存分に生かせる状態に仕上がり、プロの大舞台に挑む。

ドラ3・渡辺翔太(九州産業大)は最速151キロのストレートにスプリットや縦スラ、パームなど縦の変化を合わせる好右腕。ドラ4・伊藤茉央(東農大北海道オホーツク)は変則サイドハンドでハマれば大化けの可能性もあるだろう。

ドラ6・林優樹(西濃運輸)は近江高時代から注目されていた好左腕。社会人では左肘故障に苦しんだ時期もあったが、独特の二段フォームで打者を翻弄できる。支配下唯一の野手であるドラ5・平良竜哉(NTT西日本)はパンチ力とユーティリティ性が売りの二塁手。


出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内