SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

上位指名はエース候補を!DeNAが1位指名すべき風間球打/ノースアジア大明桜

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
DeNAベイスターズ編

三浦大輔新監督のもと、再スタートを切ったDeNAだが、今季はBクラスに沈む苦しい戦いを強いられている。近年は主砲・筒香嘉智に加えて梶谷隆幸、井納翔一といった主力の流出も相次ぎ、世代交代は急務。故障者の多い投手陣充実と野手の主軸候補、どちらを優先させるかも注目。

上位指名はエース候補を!野手陣は中位以下で確保

再建期に突入したこの1年はルーキーの牧秀悟が新人王を狙えるほどの活躍。また、高卒2年目の森敬斗も出場機会をもらう中で、確実にステップアップしている。

その中でのDeNAの戦力構成を見ていくと、投手陣は充実している。野手の方に課題はあるのだが、今年のドラフト市場のメンバーからして、上位は投手指名からオススメしたい。年齢層から鑑みても、大卒よりも高卒のエース級を積極的に狙いに行きたいところだ。

候補に挙がるのは風間球打(ノースアジア大明桜)だ。最速157キロの速球派の右腕はまだ荒削りだが、将来的にはチームの看板投手へと育ってくれるはずだ。三浦大輔監督のもと、エース道を学べば、順調な成長曲線を描くだろう。高校の先輩・砂田毅樹がいるのも心強い。

3位以下で狙うのは野手陣になる。森敬斗、牧に続くレギュラー候補生は細川成也くらいしか見当たらない。今季になって「1番センター」を奪還した桑原将志がいるが、これから中堅に差し掛かっていく。内野手も柴田竜拓、田中俊太、山下幸輝の3人が同じ年齢。そうした事情を見ると内外野ともに選手層に厚みを加えたい。内野手は左、外野手は右という構成がベストだろう。

内野手で挙げられるのは、大学生では二遊間を守ることができる野口智哉(関西大)。関西地区屈指のヒットメーカーと評判だ。一塁を守れるスラッガータイプなら、阪口樂(岐阜第一)、田村俊介(愛工大名電)も楽しみな存在になるだろう。

外野の右打者の候補になると、大学生ではブライト健太(上武大)、東京六大学のスラッガー・正木智也(慶應大)もいる。ブライトはセンターを守れるリーダーシップタイプだから、次世代を任せることができる人材だ。高校生では吉野創士(昌平)や徳丸天晴(智辯和歌山)、三拍子が揃うスラッガー・池田陵真(大阪桐蔭)の評価がいくぶん高い。スカウトの眼力が将来を変えるだろう。

こんな指名はNGだ!

ここのところのDeNAは1位指名がやや消極的。抽選を回避するきらいがあり、今年は思い切って挑んでほしい。投手はある程度枚数が揃ってきているため、即戦力よりは高卒や大卒の未完の大器を選んでもらいたい。

おすすめ指名順位は1位指名!

●風間球打/ノースアジア大明桜・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!