SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

1位指名はNo.1路線を継続させつつ、地元の星も狙え!日本ハムが2位指名すべき木村大成/北海

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
北海道日本ハムファイターズ編

近年、方針のブレないドラフト戦略と育成力が称賛されてきた日本ハムだったが、主力流出のサイクルに育成が追いつかなくなってきた感がある。今季はパ・リーグ最下位と苦しい戦いが続くが、今後の巻き返しのためにも今年のドラフトが本当の意味で真価を問われることになる。

ナンバーワン路線は継続させつつ、地元の星も狙え!

暴力事件でチームの主砲だった中田翔を放出。2年くらいは再建期になるのではないか。来季は指揮官の交代も予測されるだけに、将来性を見据えたドラフトになりそうだ。 

とはいえ、戦力バランスがものすごく偏っているという印象はない。伸び率に課題はあるものの、スカウティングには問題はないと見る。現有戦力を見極めながら、指名していくことになるのだろう。

1位指名はその年のナンバーワンを指名するという球団の方針がある。昨年は伊藤大海をいち早くから評価して一本釣り。彼の今季の活躍は推して知るべしだろう。

その眼力は今年も発揮したい。おそらく、1位は森木大智(高知)、小園健太(市和歌山)のどちらかになるはずだ。まだ荒削りなのは森木だが、完成度の高い小園はチームのエース格・上沢直之や金子弌大などとプレーすることでピッチングが磨かれるはずだ。

 とはいえ、この二人は重複指名となる可能性がかなり高い。そこで外れ1位や順位の関係で早くに指名できる2位で、どの選手を指名するかが鍵になる。

そこで狙いたいのが地元のサウスポー・木村大成(北海)だ。スライダーの切れ味が鋭く、またストレートも回転のいいボールを投げることができる。伊藤、木村と2年続けて地元の星を獲得してチームの顔にしたいところ。

もしくは、ダルビッシュ有、大谷翔平と同タイプの成功例がいるだけに、達孝太(天理)を狙ってもいい。達の1位指名はないと見るので、1位で勝負に出て、2位で達を獲得できれば御の字だろう。

打者は主砲の中田を放出したとはいえ、スラッガータイプはチームに多い。近藤健介や西川遥輝など、職人タイプを指名したい。高校生では坂口智隆2世との呼び声も高い、阪上翔也(神戸国際大付)はプロ志望届を出せば候補になる。大学生では、ブライト健太(上武大)や福元悠真(大商大)が候補になる。

こんな指名はNGだ!

捕手は高卒のみに抑えたい。古川、梅林、郡と同学年が3人もいて、正捕手の清水や移籍の宇佐美など30歳以下は6人も在籍している。スラッガーは野村の台頭と清宮、万波など候補者は多く、それほど急務ではない。右投げ左打ちの単打タイプは高卒のみに抑え、欲しいのは3番タイプだ。

おすすめ指名順位は2位指名!

●木村大成/北海・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!