SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

補強ポイントはクローザー!オリックスが1位指名すべき畔柳享丞/中京大中京

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
オリックスバファローズ編

昨季の最下位から一気に優勝戦線へと躍り出たオリックス。近年ドラフトで指名した選手が軒並み主力へと成長し、指名戦略&育成システムがようやく日の目を見た格好だ。ただし、来季以降も強さをキープするためには、今年のドラフトも重要になる。果たして、有識者のオススメ選手は!?

補強ポイントはクローザー若手左腕も確保すべき

ここ数年のドラフトを成功させている球団のひとつといえるだろう。チーム状態もよく、明るい未来しか見えないのが現状だ。

とはいえ、それも過去の成績が低迷していたため、指名順に恵まれた面も大きい。1、2位でそれなりの実力者を獲得できたのだ。上位球団として臨む今季のドラフトは、スカウティングの力、戦略がものをいうはずである。

そんなオリックスの補強ポイントでイの一番に挙げられるのは、クローザー候補だ。とはいえ、1位にクローザーを指名するとは考えにくく、あるとしたら、先発もできる栗林良吏(広島)のような指名で、2位以降で強いストレートを投げられる投手を狙っていきたい。

その候補には将来性を重視して畔柳享丞(中京大中京)をススメたい。最速151キロを誇る力投派右腕だが、全てに全力の性格からしても、スターターよりもブルペンでこそ、彼の才能は生きるはずである。3年後以降の戦力を見据えて獲得を目指していきたい。下位では夏の甲子園で活躍した滝口琉偉(日大山形)もクローザータイプ。

一方、20代のサウスポーが異常に少ない。20歳以下は宮城大弥しかおらず、こちらも補強ポイントになる。ブルペンを埋める存在として山下輝(法政大)などを候補にしながら、将来性も見据えていきたい。

秋山正雲(二松學舍大附)は宮城のような投手になりそうだ。センバツ優勝投手の石田隼都(東海大相模)もプロ志望届を出せば候補になってくるはずである。地元大阪の松浦慶斗(大阪桐蔭)も狙っているはずだろう。久野悠斗(報徳学園)もいい。

一方、野手陣の方は外野手に右打者が西村と元の二人しかいない。内野手は左右バランスがいいだけに、外野を守る右打者を補強したいところだ。大学生ではブライト健太(上武大)、高校生では大阪桐蔭の二人、池田陵真や花田旭などが候補になる。

また、捕手の選手層も薄く、松川虎生(市和歌山)を狙っていきたい。

こんな指名はNGだ!

右投手が順調に育ってきている。これは育成がしっかりしているということが背景にある一方、サウスポーをどう育ててくか。宮城の成功例を形にしていきたい。右投手は高卒のみに抑えたいところ。むげに即戦力補強に走る暗黒時代のようなことは避けたい。

おすすめ指名順位は1位指名!

●畔柳享丞/中京大中京・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!