SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ポストギータを見逃すな!ソフトバンクが2位指名すべき梶原昂希/神奈川大

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
ソフトバンクホークス編

4年連続で日本シリーズを制し、「黄金時代」を築いているソフトバンク。しかし今季は開幕から故障による離脱者が相次ぐなど、万全の戦いを見せられていない。選手層の厚さは誰もが認めるところだが、ドラフトでは「育成重視」でいくべきか、「世代交代」を狙うべきか!?

今年も強打の遊撃は不在!ポストギータを見逃すな

近年、補強ポイントを埋められずにいるのは強打の遊撃手。3年前に小園海斗(広島)のクジを外して以降も、獲得している遊撃手は守備型中心「。ポスト今宮健太」の期待を背負わせるには、いささか荷が重い状況が続いている。とはいえ、強打の遊撃手が実在すればドラフトの目玉クラスになるのは必至。今年は二遊間のドラフト候補が少ないだけに、来年以降に望みをつないだほうが得策かもしれない。

今年のドラフト候補で強いて名前を挙げるなら、力強いスイングが魅力の野口智哉(関西大)だ。ただ、強肩は光るもののプロで遊撃を守れるだけの素養があるかと言えば疑問も残る。

イメージが湧きやすいのは、1位で馬力と角度のある風間球打(ノースアジア大明桜)や総合力と将来性のバランスがいい森木大智(高知)で攻め、2位以降でポテンシャル型の選手を次々と指名していく形。昨年は2位で完全素材型の笹川吉康を指名し、他の球団を驚かせている。

今年推薦したいポテンシャル型は、梶原昂希(神奈川大)だ。大学生ではあるが、まだまだ粗削りな素材段階で鍛えがいがある。身長189センチ、体重キロの大きな体と空振りを恐れない豪快なフルスイングは、「ポスト柳田悠岐」の期待さえ膨らむ。ストライドの広いベースランニングも壮観で、入場料を払う価値のあるダイナミックな外野手に育つ可能性がある。九州(大分県)出身という点も、ソフトバンクにとって重要なポイントだ。

 一部メディアで「4軍構想」が報じられるなど、ソフトバンクの育成環境は今後ますますa拡大していくだろう。今年も育成ドラフトで多くの素材型選手を獲得するはずだ。

右投手なら福島蓮(八戸西)、時澤健斗(神戸弘陵)、柳川大晟(九州国際大付)、稲川竜汰(折尾愛真)。左投手なら羽田慎之介(八王子)、松本翔(真颯館)。野手なら藤野恵音(戸畑)、柳澤大空(日大藤沢)、前田銀治(三島南)が育成ドラフトまで残っていれば積極的に獲得したい。

こんな指名はNGだ!

他球団にとっては「NG」な指名であっても、この球団では「NG」ではなくなる。それだけ球団として懐が深く、ゆとりのある育成体制ができている証拠だろう。本文では「強打の遊撃は不在」と書いたが、ソフトバンクは意外な投手を「強打の遊撃手」として指名するのではないか……。そんな予感がしている。

おすすめ指名順位は2位指名!

●梶原昂希/神奈川大・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!