SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

左のリリーフ補強を!阪神が3位指名すべき黒原拓未/関西学院大

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!阪神タイガース編

矢野燿大監督のもと、久々の“優勝”が現実味を帯び始めた今季。昨年のドラフト1位・佐藤輝明を筆頭に、伊藤将司、中野拓夢らルーキーが軒並み1軍戦力になり、チーム力が格段に増した。改めて“ドラフトの力”を実感している阪神は、どんな指名戦略をとるべきか!?

スケール拡大路線は継続!左のリリーフ補強を

過去5年間の上位指名を振り返ってみると投手と野手が5人ずつとバランスのとれた指名となっており、特に野手は大山悠輔、近本光司、佐藤輝明の3人が既にレギュラーとなるなど、非常に成果の大きいドラフトとなっている。以前と比べてもスケールの大きい選手に向かう傾向が強くなっているのは好材料で、今年もこの方針は続けていくべきだろう。

今年は投手に有望株が多いが、1位では西純矢、及川雅貴に続くような高校生のスケール型を狙いたい。阪神という注目度の高い特殊な球団ということを考えると、甲子園出場こそないものの中学時代から注目を集め続けてきた森木大智(高知)を推したい。西とも高校時代に練習試合で対戦して交流があるというのもお互いにとってプラスになりそうだ。もし森木が競合となって外したとしても達孝太(天理)、木村大成(北海)、松浦慶斗(大阪桐蔭)などスケールの大きい高校生投手を一人は確保しておきたいところだ。

投手で手当てしておきたいのが左のリリーフだ。及川は先発に回したいだけに、岩崎優と岩貞祐太に続く投手を一人は指名しておきたい。そこでオススメしたいのが地元関西の黒原拓未(関西学院大)だ。上背はないものの全身を使った躍動感溢れるフォームでストレートの勢いは十分。チームでは先発を任されているが、短いイニングの方が力を発揮するタイプに見える。2位で指名するのは少し微妙な印象だが、3位で残っていればぜひ確保したいところだ。

野手はある程度揃っているだけに即戦力というよりも、将来性を重視した指名を狙いたい。高校生の内野手では有薗直輝(千葉学芸)が筆頭候補。強打のサードで大山の後継者としてピッタリの選手だ。外野手では地元関西の福本綺羅(明石商)が面白い。1学年先輩の来田涼斗(オリックス)が1年目から活躍しているが、総合力では決して引けを取らない。ある程度高い順位でも彼らのような将来性のある高校生を指名しておきたいところだ。

こんな指名はNGだ!

昨年は徹底した即戦力路線の指名となり、そこから佐藤輝明、伊藤将司、中野拓夢、石井大智が戦力となった。もちろんここまでは成功だが、一昨年の高校生路線があったからこそ振り切れたとも言える。野手は特に有望な若手が少ないだけに、将来を考えると2年続けて即戦力に偏り過ぎるのは危険だろう。

おすすめ指名順位は3位指名!

●黒原拓未/関西学院大・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!