SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

絶対的なエース候補獲得を!DeNAが1位指名すべき達孝太/天理

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!DeNAベイスターズ編

今年も単独指名狙いか?狙うなら将来性を重視で

上位指名はとにかく大学生投手が多く、その中から山㟢康晃、石田健大、今永昇太、濵口遥大、東克樹などが主力とはなっているものの、長く成績を残しているのは山㟢だけ。故障者が多いという事情もあるが、絶対的なエースと呼べる存在が不在の状態は続いている。下位指名で獲得した高校生投手も砂田毅樹と京山将弥がわずかに戦力となっているだけである。将来を考えてもやはり絶対的なエースとなるスケールの大きい高校生投手は上位で一人は指名したいところだ。

一方の野手は牧秀悟の存在が大きい。外国人への依存度の高さは気になるものの、伊藤裕季也、細川成也、蝦名達夫など右の強打者タイプが控えているのはプラス要因だ。一方で気になるのは捕手と外野手だ。捕手は山本祐大の成長はあるが、打力の弱さは気になるところ。外野手も細川より下の年代は選手がいないだけに、一人は運動能力の高い外野手らしい外野手を補強しておきたい。

今年は高校生投手に有望株が多く、チーム方針とも言える単独指名でも狙える選手としてオススメしたいのが達孝太(天理)だ。少し時間のかかるタイプだが、スケールは世代ナンバーワンともいえる投手で、最終学年での成長ぶりも著しいものがあった。将来のエース候補としてぜひ狙いたい投手である。

捕手は古賀悠斗(中央大)が筆頭候補となるが、上位でなければ獲得は難しい。3位以降で狙える打撃の良い捕手では久保田拓真(関西大)も候補となる。元々守備型の選手だったが、ここへ来て一気に打撃も成長した。守備型の山本と二人揃えば捕手陣の将来は明るくなるはずだ。

 運動能力の高いスピードタイプの外野手でオススメしたいのが丸山和郁(明治大)だ。高校時代には甲子園で1大会最多となる8盗塁をマーク。大学進学後は故障に苦しんだ時期もあったものの、この春は初のベストナインに輝くなど結果を残した。パンチ力もあるリードオフマンタイプの選手として狙いたい選手である。

こんな指名はNGだ!

親会社がDeNAになった2012年から上位指名した高校生は森だけ。徹底した即戦力戦略でチ ームは底を脱したが、優勝を狙うにはやはり太い柱が欲しい。2年連続でBクラスとなったことを理由に再び即戦力重視、さらに競合を避けるやり方ではチームがこれ以上安定して強くなる可能性は低いだろう。

おすすめ指名順位は1位指名!

●達孝太/天理・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!